高貴なる色、紫。その名を冠するのは、複数の葡萄品種がより優雅なハーモニーを奏でる上級キュベの証。自らを紫屋と称した江戸の浮世絵師、歌麿がこだわっていた紫の色使いにも藤色から小豆色まで多彩な表情があったように、微妙に変化する香りや繊細な味わいにこそ、このワインの美徳がある。(メーカーHPより)!
今すぐ無料で会員登録する

KENZO ESTATE 750ml 2013 murasaki 紫-ナパ

新刊一覧

女性マンガの新刊一覧