端午の節句~端午の節句は奈良時代、中国から伝わったといわれ、季節の変わり目の端午、つまり月の初め(=端)の、うま(=午)の日に病気や災厄を避けるため、薬草摘みや、厄除けの菖蒲を飾ったりしたのがはじまりだとか、午(うま)を『ご=五』とも読むことから、毎月5日を指すようになり、やがて5月5日を端午の節句と呼ぶようになりました。やがて武家社会では菖蒲を尚武(しょうぶ)にかけ、男の子のお守りとして、その成長を願い、菖蒲や鎧兜、幟を模した吹き流しや鯉のぼりを飾るようになっていきました。専用ケースは別売り五月段飾りガラスケース(S)(11,880円税込み)台は木製で大変軽量化された商品です。収納箱つき※こちらの商品は製造元が平成30年5月31日付で廃業した為現在ある在庫で終了となります。また実店舗でも販売している為在庫有りの表示がありましても完売の可能性がございますので御了承下さい。!
今すぐ無料で会員登録する

鎧大赤三段飾り(黒)(現在ある在庫で販売終了です。)-鎧飾り

新刊一覧

女性マンガの新刊一覧