近年、電磁波による体への悪影響が心配されています。

オーディオの世界でも、機器のデジタル化が進み、機器本体から発する電磁波、さらに音源のPCデータ化によりパソコンから発生する電磁波、空中を飛び交う広範囲な複数の電磁波が存在します。

この電磁波は、オーディオ再生に多大な悪影響を及ぼしています。   

「静-Shizuka-」では、自然な音場を創造するために、オーディオ制振ボードNCB(Noise Canceller Board)シリーズをシーエムシー技術開発株式会社の協力を得て開発いたしました。  

NCBシリーズは、音質チューニングを行った3種類の厚さのメタルボードから構成されています。独自の基本構造から得られた高い制振性によって、スピーカーの音圧や周囲から伝播してくる振動によるオーディオ機器に与える影響を軽減しています。

また、ボード表面は炭素繊維をベースとし、現在最も注目されている最新素材であるカーボンマイクロコイル(CMC)やフェライト等をハイブリッド化し、コーティングしています。

これにより、広範囲の電磁波を吸収して熱に変換し、クリーンな環境を創造します。  

オーディオ制振ボードNCBシリーズを使用することにより、音場のノイズ感を軽減し、解像度の高い音楽再生を実現します。

天然木を使用したNCB4548W、NCB3141Wは、NCB4246の基本性能に加え、ボード下部に8ミリ厚の防振材を用い、さらに高い制振効果が期待できます。フレームには無垢のオーク材を使用し、四隅は「ちぎり加工」でしっかりと補強。高級感のある塗装で仕上げました。側面にはアース端子を備え 、付属のケーブルを使用すればアーシング配線も容易です。

寸法:308(260)mmx408(360)mm

質量:3.0 kg

厚さ:18mm

付属品:アースケーブル(Y端子,USB端子)各1本

日本製

Shizuka関連製品から

Shizuka NCB3141W シズカ オーディオ制振ボード-その他

新着レシピ

Shizuka NCB3141W シズカ オーディオ制振ボード-その他

ページの先頭へ