Roland TD-50 Sound Module Vドラム音源

ドラマーが欲しい表現力と機能をさらに極めた、V ドラム音源のフラッグシップ・モデル。

TD-50は、生々しいサウンドやダイレクトなレスポンスなど、ドラムならではの表現力や演奏感を改めて徹底的に追求し、さらに磨き上げました。独自の新しい「Prismatic Sound Modeling」技術を搭載した新規サウンド・エンジンにより、あらゆる奏法による楽器のふるまいをサウンドに反映。ドラマーの思いどおりの表現を可能にします。また、マルチ・エレメント・センサー搭載の新開発のパッドに対応し、組み合わせて使用することで音源の表現力を最大限に引き出すことができます。
自在なサウンド・カスタマイズ、豊富な出力端子やUSBケーブル1本でのマルチトラック・レコーディングなど、プロのさまざまな要求に応え続けてきたノウハウを結集し、最高峰のVドラム音源としてあらゆるドラマーのニーズを満たします。

【特徴】
・独自の新しい「 Prismatic Sound Modeling」技術によりドラムの音の鳴るメカニズムを再現することで、生々しい響きの豊かな表現力のドラム・サウンドを実現。
・オーディオ・データを取り込み、内蔵音色と同様にエフェクトを使用可能なユーザー・サンプル機能と、追加したオーディオ・データを内蔵音色と重ねるレイヤー機能で、自分だけの音づくりを実現。
・シェルの深さなどドラムの構造をカスタマイズできるV エディット機能をはじめ、マルチ・エフェクト、コンプ・EQ、アンビエンスなど、ドラマー自身の手でトータルな音づくりが可能。
・モデリング音源のポテンシャルを最大限に発揮する、新開発のマルチ・エレメント・センサーを搭載したデジタル・パッドの接続に対応。
・PCでのマルチトラック・レコーディングをケーブル1本で実現する、10アウト/4インのUSB オーディオとMIDI 入出力機能。
・SDカードによるオーディオ・ファイル(WAV/MP3)再生やデータ・バックアップに対応。


■ドラマーの意図を余すことなく反映する、豊かなサウンドと抜群の演奏フィール。
すべてのドラマーが納得する表現力を追求し、TD-50 には新たなPrismatic Sound Modeling技術を搭載。
ドラムを構成するヘッドやシェル、スネアのスナッピーなどといったさまざまなパーツや、その各々のパーツから発生するレゾナンスといった要素を、先進のデジタル技術で仮想的に合成し、ドラム・サウンドを一から再構築。これにより、ドラムの生々しい響きや自然な減衰、空気感までも緻密に表現することができます。
高品質なビンテージ・ドラムなどをモデリングしたものなど、プリセット・キットは50種類を搭載しています。また、Vドラムのアドバンテージである高速レスポンスはもちろん、ダイナミクスの幅や打点位置による音色変化の解像度が飛躍的に向上しました。さまざまな奏法における楽器のふるまいをモデリングしているので、ロールやフラム、ゴースト・ノート、リム・ショットなど、ドラム特有のさまざまな奏法を的確にサウンドに反映。抜群の心地よい演奏感が得られます。

■レコーディングやライブで威力を発揮する、音づくりの可能性。
Vドラムの大きな特徴のひとつでもあるVエディット機能を搭載。ひとつひとつのドラムをカスタム・オーダーする感覚で、シェルの深さやチューニングを調整することが可能。さらにTD-50では、スネアのヘッドが振動することで発生する独特の高音部分や、ハイハット・シンバルの厚みの調整も可能になりました。
また、オーバーヘッド・マイクやルーム・アンビエンスの調整といった演奏場所を含めた音づくりにまで対応し、より深い、トータルでの音色カスタマイズが可能です。さらに、パッドごとに設定可能なコンプレッサー、3バンドEQ や、アタックやサスティンを調整するトランジェントを搭載しているほか、ディレイやディストーションなど、30種類の効果を内蔵したマルチ・エフェクトを3系統搭載。キックとスネアそれぞれに別々のエフェクトをかけるなど、音作りの幅がぐっと広がりました。
キット単位で設定できる2バンド・コンプレッサーと4バンド・イコライザーを活用することで、マスター・アウトから最終出力されるキット全体の音圧や音質を整えることも可能です。また、カスタマイズ中のサウンドを一時保存して元のサウンドと比較したり、必要に応じてアンドゥが可能なスナップ・ショット機能を搭載。精度の高い音づくりをサポートします。

■音作りの幅を広げる、ユーザー・サンプル機能とレイヤー機能。
SDカード経由でオーディオ・データ(WAV)を本体に取り込み(*)、エフェクトをかけるなど内蔵音色と同じように扱えるユーザー・サンプル機能を搭載。取り込んだ効果音などを鳴らしたり、フィル・インを入れる感覚で短いフレーズを再生させることができます。さらに、取り込んだオーディオ・データは内蔵音色と、または内蔵音色同士、オーディオ・データ同士でレイヤーし、それにEQなどのエフェクトをかけることも可能。 太いキックの音を作るなど、パフォーマンスで際立つサウンドづくりがこの1台で完結します。
(*)取り込み可能時間:モノラル24分/ステレオ12分(合計)

■表現力を飛躍的に高めるデジタル・パッドの接続に対応。
新開発のV パッド・デジタル・スネア PD-140DSと、Vシンバル・デジタル・ライド CY-18DRとの接続に対応。TD-50と組み合わせることで音源の実力を最大限に発揮することができます。デジタル・パッドには新開発のマルチ・エレメント・センサーを搭載し、ダイナミクスと打点位置の検出精度が格段にアップ。打撃した際のさまざまな演奏情報を、独自のチューニングを施した高速デジタル通信技術で音源に伝達し、ドラマーのイメージどおりのサウンドを形にします。もちろん、PD-128-BCやCY-14Cなど従来のVパッドやVシンバルとの組み合わせでもTD-50の豊かな表現力を反映することができます。

■USB ケーブル1 本で、マルチトラック・オーディオ・レコーディング。
TD-50は本体側面にUSB COMPUTER端子を備え、ケーブル1 本でパソコンと接続するだけでオーディオ10ch出力/4ch入力、MIDI入出力が可能に。オーディオのサンプリング・レートは44.1kHz/48kHz/96kHz の入出力に対応、パソコンでの音楽制作には欠かせないDAW(Digital AudioWorkstation)との親和性を高め、パソコンとの連携がさらに強力になりました。オーディオの各出力チャンネルには、用途に応じて自由にパッドの割り当てが可能。キックやスネア、複数のタムなどをそれぞれ独立してDAWにオーディオ録音することができます。また、パソコンからのオーディオ各入力チャンネルは、操作パネル上のSONG/CLICK つまみに割り当ててコントロールできるよう設定することも可能。
たとえば、パソコンでバッキングとクリックをオーディオ再生させる場合、それぞれを独立してTD-50へ入力設定することで、バッキングとクリックの音量調整を別々で手早く行なえるほか、クリックをヘッドホンのみに出力させることも可能です。MIDIの入出力にも対応。V ドラムの演奏をそのままパソコンにMIDI レコーディングすれば、編集時にTD-50本体で音色やフレーズの変更も思いのまま。こだわりの音楽制作をパワフルにサポートします。

■ステージなどの現場をサポートする、豊富な出力端子と出力コントロール。
Master出力(XLR) と8系統のダイレクト出力は、バランス出力に対応。直接ミキサーに接続できます。8系統のダイレクト出力は、たとえばキックとスネアを別々にPAに送るなど、各パッドの割り当てをシチュエーションに合わせて柔軟に変更可能です。 音源操作パネルにはヘッドホン専用ボリュームつまみ、キック、スネアなどパッドごとのバランスを素早く調整できるグループ・フェーダーを搭載しています。ヘッドホン出力にのみグループ・フェーダーを有効にし、自分専用のミキサーとして使用できるよう設定することで、オーディエンス側の出力バランスを固定したまま、自分のモニター・バランスだけを調整するように設定することも可能です。

■ドラマーの日々のトレーニングもしっかりサポート。
メトロノーム機能に加え、数小節ごとにメトロノーム音が小さくなることで、身体にテンポを覚えさせる「クワイエット・カウント」機能を搭載し、テンポキープ力の強化をサポートします。また、SD カードに保存したオーディオ・ファイル(WAV、MP3)再生に対応し、自分の好きな楽曲に合わせての練習が可能。再生スピードの変更や、重点的に練習したい部分をループ再生することで、効率的な練習が可能です。さらに、オーディオによるバッキング・ループ・フレーズを内蔵。セッション感覚で演奏することで、バンド演奏を想定した実践的なトレーニングが可能です。さらに、本体に録音が可能なレコーダー機能を搭載。自分の演奏を客観的に聴くことでトレーニングのポイントを把握できるほか、ライブ現場などでのサウンドチェックやフレーズづくりにも活用できます。録音したもの は、ステレオのWAV データとしてSD カードに書き出せるため、バンド・メンバーと共有するといったことが可能です。!
今すぐ無料で会員登録する

Roland TD-50 Sound Module Vドラム音源-電子ドラム

新刊一覧

女性マンガの新刊一覧