グラスの粘りとワンピースソリッドの強度を活かした軽快な操作性が持ち味のアクティブショートロッド
グラスソリッドの粘りとワンピースソリッドの強度を活かしながら、グラスソリッドにクロスを巻きつけるソリッドパワースリム設計によって、より軽くて細いブランクス成型が可能となった。さらに目に見えないロッドのネジレを防ぐ「X45」構造によりブランクス本来の性能が発揮されるため、見た目以上のリフティングパワーと操作性を備えており、不意の大物相手でも慌てることなく対応できる。グラスソリッド特有の目感度と食い込みの良さ、そしてショートロッドならではの操作性で定評のあるダイワの「ディーオ」シリーズの魅力がさらに進化したアクティブロッド。

【ソリッドパワースリム設計】極限レベルまで細さを追求したグラスソリッドを芯材にクロスを巻き付けた設計。ソリッド(無垢素材)は食い込みの良さという点で高い評価を得てはいたものの、その反面、重さと張りのなさという問題も存在し、どちらかを犠牲にするという選択をせざるを得ないことも発生する。しかしこの問題を解決することができるのがソリッドパワースリム。グラスソリッドを細身化することで軽量化を図り、その上からグラファイトクロスを巻き付けることで、グラスソリッドの特長である粘りはそのままに、パワーが大幅に向上している。

【60号~ Vグリップシート】
持ち易さとグリップ性に優れるダイワオリジナルシート
(30号は操作性をより重視したパーミングトリガーシート)

【偏光カラー仕上げ】
ガイドはLDB~KWガイド(オールSiCリング)

X45
カーボン繊維の配向角度と弾性率の関係は極めて特殊であり、1°でもカーボン繊維の角度がずれると弾性率は大きく低下する。よって、竿の性能を考慮した場合0°・45°・90°が理想的な構造であり、他のX構造のように中間の角度(例えば60°~75°前後を変動)にした場合、「X45」に比べて「ネジレ」、そして「ツブレ」の弾性が低下するのが、上のグラフから見てとれる。また中間の角度で「X45」と同等のパワーを発揮させるためにはかなりの重量アップが必要となる。最も弾性率の高い3つの角度を採用している「X45」は科学的に裏付けされたネジレ防止の最適構造なのである。(※世界共通の商標として「Xトルク」から「X45」に呼称変更)

★仕様・規格・寸法★



標準全長(1.80m)
継数(2本)
仕舞(115cm)
標準自重(275g)
先径(2.3mm)
元径(14.4mm)
錘負荷(120-250号)
カーボン含有率(24%)
適合クランプサイズSS

/メーカー[ダイワ SPS] 150-180[DEEO DAIWAディーオSPS DAIWA GLOBERIDE)] グローブライド-ロッド・竿

新着レシピ

/メーカー[ダイワ SPS] 150-180[DEEO DAIWAディーオSPS DAIWA GLOBERIDE)] グローブライド-ロッド・竿

/メーカー[ダイワ SPS] 150-180[DEEO DAIWAディーオSPS DAIWA GLOBERIDE)] グローブライド-ロッド・竿

2016.08.05更新
ページの先頭へ