Chateau Haut-Brion シャトー・オー・ブリオン

メドック格付け第一級!五大シャトーのなかで、 唯一グラーヴ地区から選ばれたオー・ブリオン。そして五大シャトーの中でも最もエレガントで他にない複雑なアロマで世界のワインファンを魅了するワイン!

 五大シャトーの中で唯一グラーヴ地区から選ばれた【シャトー・オー・ブリオン】。ボディは厚く、タイトで、ポテンシャルが十分に発揮されるまでに長期熟成を要する伝統的な造りが特徴です。またメルロがカベルネ・ソーヴィニヨンより多くなるアッサンブラージュも独特のものです。 500年以上も続くオー・ブリオンの歴史のその最初の記録は、 イングランド王【チャールズ2世】のワインセラーの元帳で見つかり、1660年から1661年の間に、169本のオー・ブリオンが王の宮廷に収められていました。1935年にアメリカの有名な財界人【クラレンス・ディロン氏】が買い取り、現在は、そのディロン氏の熱い意思をルクセンブルグ大公国【ロベール皇太子殿下】が受け継いでいます。
 ブドウの平均年齢は35年、最も古い区画では1930年代、1haにつき平均8,000本の密度でブドウが植えられています。ボルドーで最初に発酵槽にステンレスタンクを用いたことでも分かるように、技術革新に積極的なシャトーとしても有名です。 収穫は手で行われ、区画ごとに同じ作業グループが取り扱い、チームが個々のブドウを熟知できるようにしています。オークの新樽100%(専用の樽作製場を所持している)で、ヴィンテージの持久力と力強さに応じて22~26ヵ月間寝かせます。ポテンシャルが十分に発揮されるまでに長期熟成を要する伝統的な造り。
 味わいの面では、年々様々な変遷を遂げてきました。1950年代から1960年代はじめにかけては現在と似たとびきりリッチで、土っぽく、甘いスタイル。1966年から1974年の間には、より軽く、穏やかな、いくらか単純なスタイルの赤ワインに変わってしまい、少し低迷を見せていましたが、1975年のヴィンテージからは、1966年以前に備わっていた土っぽい豊かさと凝縮感を取り戻し、まぎれもなく一級シャトーにふさわしいワインを現在まで造り続けています。 香りの面では、「オー・ブリオンの偉大なヴィンテージの右に出るものはない」、と言われるほど香り高いワインとして有名です。特徴はスモーキーで、ミネラル、葉巻や甘いカシスを感じる香り。
「この偉大な一級シャトーは世界で最もエレガントで、アロマの複雑なワインをつくっている。1980年代初め以降、オー・ブリオンほどの一貫性と、輝かしい品質を示すシャトーはほかにない。」! 今すぐ無料で会員登録する

1er [2008] Brion Haut Chateau グラーヴ プルミエ・グラン・クリュ・クラッセ・格付第一級 [2008] シャトー・オー・ブリオン Grand ワイン】【フランス】【ボルドー】 【赤 Leognan Pessac AOC Graves du Classe Cru-グラーヴ

新刊一覧

1er [2008] Brion Haut Chateau グラーヴ プルミエ・グラン・クリュ・クラッセ・格付第一級 [2008] シャトー・オー・ブリオン Grand ワイン】【フランス】【ボルドー】 【赤 Leognan Pessac AOC Graves du Classe Cru-グラーヴ

シャトー・ムートン・ロートシルト [2007] Chateau Mouton Rothschild [2007] 【赤 ワイン】【フランス】【ボルドー】 BL TL HQ

女性マンガの新刊一覧

1er [2008] Brion Haut Chateau グラーヴ プルミエ・グラン・クリュ・クラッセ・格付第一級 [2008] シャトー・オー・ブリオン Grand ワイン】【フランス】【ボルドー】 【赤 Leognan Pessac AOC Graves du Classe Cru-グラーヴ

ラーセン バイキング シップ パールホワイト/パーリーホワイト虹色 オーロラカラー700ml LARSEN リモージュ 陶器ボトル ブランデー コニャック【楽ギフ_のし】【中古】zt881