フルマラソン完走を目指すなら、脈拍を活用しよう!
大会出場、そしてフルマラソンへの挑戦、完走と、着実にステップアップを目指しているランナーへ。

■アスリートも取り入れている「心拍トレーニング」がこれ1台で
 心拍トレーニングとは心拍数を計測し、その数値を指標としてトレーニングを行うことです。トップアスリートも取り入れているトレーニング手法です。J-50は手元で脈拍計測ができるので、心拍トレーニングが簡単に行えます。脈拍数に応じた心拍ゾーン(運動強度)を表示するので、効率よく目的にあったトレーニングが可能。フルマラソンを走り抜く“ランナーの体”を作り上げることができます。

■目的にあわせたトレーニング方法が選べる
 心拍トレーニングを行う時や、想定したトレーニングをしっかりこなしたい時、フルマラソンのシミュレーションなどに便利なのが「トレーニング機能」です。心拍トレーニングの際には設定した心拍ゾーンから外れるとお知らせします。また、設定したペースに比べて現在のペースが速い/遅いかを画面上で表示したりと、本番のレースを想定したトレーニングも行えます。

■マラソンタイムが予測できる
 心拍トレーニングや、その他のトレーニングの成果が一目でわかるのが「VO2max(最大酸素摂取量)」。人には最大でどの程度の酸素を摂取できるのかの限界があり、それを数値化したものです。この数値をもとに、5km、10km、ハーフマラソン、フルマラソンの各レースタイムが予測できるので、自分の能力向上や、レースでの目標達成の目安となります。
(注)アプリでの表示のみになります

■毎回の記録を振り返って、成果を確認
 アプリ「Epson View」を使えば、トレーニングの振り返りや詳細なデータを簡単に確認できます。自分の成長を確認して、さらなるトレーニングに励みましょう。

■すばやくGPS信号をサーチ、すぐに走りだせる!
 なかなか捕捉できないGPS信号を待つのはやめましょう。すばやいGPSサーチと、スマートフォン用アプリと連携した「自動AGPS」機能で、走りたいときにすぐ走り出せます。エプソン独自の高性能GPSチップは、日本のほぼ真上を通過する準天頂衛星システム「みちびき」に対応しているので、ビル街や木の生い茂ったところでも計測ができます。

【製品仕様】
■重量: 約42g
■腕回り(mm): 130-200
■GPS計測+脈: 10時間
■活動量計: 2日
■時計: 30日
■防水: 5気圧

「WristableGPS」 GPSランニングウオッチ EPSON エプソン J-50T (J50T) ターコイズブルー-その他

新着レシピ

「WristableGPS」 GPSランニングウオッチ EPSON エプソン J-50T (J50T) ターコイズブルー-その他

2016.08.05更新
ページの先頭へ