ゴシック系アーティスト血ゑさんと、明治27年創業、現在唯一の肥後守鍛冶となった永尾かね駒製作所のコラボ肥後守。

特大サイズの刀身には、蝶をイメージしたデザインが施されています。
そして味わい深いアンティークゴールドの鞘には、美しく舞う蝶が描かれています。
また、この刻印の絵は裏と表でデザインが違います。

刀身は安来鋼青紙を使用しています。
伝統と、ゴシックデザインがコラボレーションされた、新しい肥後守をぜひどうぞ!


【登録商標 肥後守定かね駒】
明治27年(1894年) 初代 永尾駒太郎氏が、現:兵庫県三木市平田で平田ナイフの製造を始め、後、肥後守の製造に着手。
以来、100年以上の伝統を守り続ける唯一の肥後守鍛冶工房です。

現在は、五代目永尾光雄氏が肥後守製造を継承、新しい肥後守の開発に携わり、日々丹誠込めて手造りしています。


【 ゴシック系アーティスト 血ゑ(chie ちえ)】

黒を基調としたゴシック系作品を展開するデザイナー・イラストレーター。
ゴシックデザインアトリエABYSSにて、漆黒の作品を世に送り出している。
過去に手掛けた三木市刃物とのコラボ作品として「ロリータ包丁 JULIETTE LAPPIN」がある。
鉛筆を削るときは肥後守を愛用。


全長210mm、刃長約95mm、刃厚約3.1mm、鞘長120mm、重量95g、青紙割込両刃

※手造り品ですので、サイズなど細かい仕様は変わることがございます。
※売り切れの場合、お届けに時間がかかることがございます。
恐れ入りますが、ご了承くださいませ。

肥後守 かね駒 ~ ブラック パピリオ~アンティークゴールド Papillio-その他

新着レシピ

肥後守 かね駒 ~ ブラック パピリオ~アンティークゴールド Papillio-その他

ページの先頭へ