Earth Quaker dvices / Space Spiral Modulated Delay
モジュレーション ディレイ

スペーススパイラルはデジタルエコーで有りながらも、60年代のオイル缶エコーやテープエコーの様なまろやかなエコーを彷彿させるディレイペダルです。ディレイタイムは30msから、600msまで選択可能で、スラップエコーの様なショートディレイからリピートを最大限にセットして、無限に発振させる事も可能です。さらにスペース スパイラルをオフにした状態でも発振したディレイは鳴り続けます!このペダルの最大の特徴はやはり、オイル缶エコーやテープエコーの音の再現には欠かせないモジュレーションです。信号の波形や速度を変化させる事が可能で、6種のコントロールを駆使してレトロなエコーの世界を満喫してください!

コントロール

Time - ディレイタイムの設定。30msから600msまで調整可能です。なお、 Repeatsを上げてディレイを発振させた際にTimeを調整すると発振の際のフリークエンシーが変わりますのでお試しください

Repeats - ディレイのリピートの回数の設定。左に回すと少なく、右に回すと多くなります。3時の方向を過ぎた辺りからディレイの発振が始まります。発振が始まりますと、Repeatsを3時方向前まで戻すまで発振は永遠に続きます。しかもフットスイッチをオフにした際も発振は続きます!

Mix - エフェクト音と原音の混ざり具合の調整。

Depth - モジュレーションの深さの設定。右に回す毎にモジュレーションが深くなって行きます。

Shape - LFOの波形の設定。三角波から正方波まで変化させる事が可能です。左に回し切ると三角波で、右に回す毎によって正方波に変化して行きます。

Rate - モジュレーションの速度の設定。こちらをディレイのTimeと同じ速度に設定するとかなりカッコいいリズミックなディレイが生まれます。Depthを深くし、Shapeを正方波にするとさらに効果が増します。

寸法
117mm x 63.5mm x 57mm

電源 : 9VDCパワーサプライで2.1mmのネガティブセンターのアダプターで使用出来ます。デイジーチェインやトランス方式でないパワーアダプター等の使用ではノイズが乗る事が有りますので当社では推奨しておりません。また9V以上出力する電源は使用しないでください

スイッチ : 電子リレー方式のトゥルーバイパスを採用していますので、電源無しでは音は出力されません。

消費電流 : 50mA

※画像はサンプルです。
※メーカー取寄せの場合はお届けにお時間をいただきます。また、在庫をご用意できない際はご予約またはキャンセルにて承らせていただく場合がございます。あらかじめご了承下さい。

今すぐ無料で会員登録する

/ Devices EarthQuaker Space Delay Modulated Spiral-エフェクター

新刊一覧

女性マンガの新刊一覧

/ Devices EarthQuaker Space Delay Modulated Spiral-エフェクター

【中古】 Maxon / RTD800 Real Tube Overdrive/Distortion 【心斎橋店】