商品説明「JPS 黄連解毒湯 200錠」は、比較的体力があり、のぼせて顔が赤く、いらいらして落ち着かないことがある方の鼻出血、不眠症、二日酔、湿疹・皮膚炎などを改善します。炎症を鎮め、充血を除く働きがあります。本剤は漢方処方である黄連解毒湯の生薬を抽出し、乾燥エキスとした後、服用しやすい錠剤としました。医薬品。
使用上の注意●相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)体の虚弱な人(体力の衰えている人、体の弱い人)。
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
症状の名称症状
間質性肺炎階段を上ったり、少し無理をしたりすると息切れがする・息苦しくなる、空せき、発熱等がみられ、これらが急にあらわれたり、持続したりする。
肝機能障害発熱、かゆみ、発疹、黄疸(皮膚や白目が黄色くなる)、褐色尿、全身のだるさ、食欲不振等があらわれる。
3.1ヵ月位(鼻出血、二日酔に服用する場合には5-6回)服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
原産国日本
効能・効果体力中等度以上で、のぼせぎみで顔色赤く、いらいらして落ち着かない傾向のあるものの次の諸症:鼻出血、不眠症、神経症、胃炎、二日酔、血の道症(注)、めまい、動悸、更年期障害、湿疹・皮膚炎、皮膚のかゆみ、口内炎
(注)血の道症とは、月経、妊娠、出産、産後、更年期など女性のホルモンの変動に伴って現れる精神不安やいらだちなどの精神神経症状および身体症状のことです。
用法・用量次の量を食前又は食間に水又はお湯にて服用してください。
年齢1回量1日服用回数
成人(15歳以上)3錠3回
7歳以上15歳未満2錠
5歳以上7歳未満1錠
5歳未満服用しないこと

【用法・用量に関連する注意】
(1)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。
(2)食間とは食後2-3時間を指します。
成分・分量9錠中
日局黄連解毒湯エキス1.60gを含有しています。
(日局オウレン:1.5g、日局オウバク:1.5g、日局オウゴン:3.0g、日局サンシシ:2.0g)
上記生薬量に相当します
添加物として、無水ケイ酸、ケイ酸Al、CMC-Ca、トウモロコシデンプン、ステアリン酸Mg、乳糖水和物を含有しています。
保管および取扱い上の注意(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)吸湿しやすいため、服用のつどビンのフタをよくしめてください。
(5)本剤は生薬(薬用の草根木皮等)を原料として使用していますので、製品により色調等が異なることがありますが、効能・効果にはかわりありません。
(6)本剤をぬれた手で扱わないでください。水分が錠剤につくと、錠剤表面が変色したり、亀裂を生じることがあります。
(7)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。
製品名JPS黄連解毒湯エキス錠N
黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ)/漢方薬とは比較的体力があり、のぼせ気味で顔色が赤く、肩こり、不眠、いらいら、出血傾向などをともなう人の、のぼせ、ほてり、イライラ感、不眠、動悸、胃炎、二日酔い、鼻血などの出血、あるいは高血圧にともなう頭重感や肩こり・めまい・耳鳴りなどに利用します。体の熱や炎症をとり、機能の亢進をしずめる働きがあります。 唐時代の外台秘要方という古典書で紹介されています。
広告文責株式会社福田薬局 薬剤師:福田晃
今すぐ無料で会員登録する

【第2類医薬品】JPS 黄連解毒湯エキス錠N 200錠×3個 [宅配便・送料無料] 「T60」-第二類医薬品

新刊一覧

女性マンガの新刊一覧

【第2類医薬品】JPS 黄連解毒湯エキス錠N 200錠×3個 [宅配便・送料無料] 「T60」-第二類医薬品

ベンザブロック滋養内服液アルファ 30mL×50個 【北海道・沖縄以外送料無料】【2017AW】