商品説明「JPS 柴胡加 竜骨牡蛎湯 260錠」は、比較的体力があり、精神不安や動悸、不眠などがある方の高血圧に伴う動悸・不安・不眠や神経症、小児夜泣き、便秘などを改善します。精神を安定させ、不安や不眠などを緩和する働きがあります。本剤は漢方処方である柴胡加竜骨牡蛎湯の生薬を抽出し、乾燥エキスとした後、服用しやすい錠剤としました。医薬品。
使用上の注意●してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります)
1.本剤を服用している間は、次の医薬品を服用しないでください
他の瀉下薬(下剤)
2.授乳中の人は本剤を服用しないか、本剤を服用する場合は授乳を避けてください

●相談すること
1.次の人は服用前に医師または薬剤師に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦または妊娠していると思われる人。
(3)体の虚弱な人(体力の衰えている人、体の弱い人)。
(4)胃腸が弱く下痢しやすい人。
(5)今までに薬により発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人。
2.次の場合は、直ちに服用を中止し、この添付文書を持って医師または薬剤師に相談してください
(1)服用後、次の症状があらわれた場合
関係部位症状
皮ふ発疹・発赤、かゆみ
消化器はげしい腹痛を伴う下痢、腹痛
まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
症状の名称症状
間質性肺炎せきを伴い、息切れ、呼吸困難、発熱等があらわれる。
肝機能障害全身のだるさ、黄疸(皮ふや白目が黄色くなる)等があらわれる。
(2)1ヵ月位(小児夜泣き、便秘に服用する場合には1週間位)服用しても症状がよくならない場合
3.次の症状があらわれることがありますので、このような症状の継続または増強が見られた場合には、服用を中止し、医師または薬剤師に相談してください
軟便、下痢
原産国日本
効能・効果体力中等度以上で、精神不安があって、動悸、不眠、便秘などを伴う次の諸症:高血圧の随伴症状(動悸、不安、不眠)、神経症、更年期神経症、小児夜泣き、便秘
用法・用量次の量を食前又は食間に水又はお湯にて服用してください。
年齢1回量1日服用回数
大人(15歳以上)4錠3回
7歳以上15歳未満3錠
5歳以上7歳未満2錠
5歳未満服用しないこと
※食間とは:食後2-3時間を指します。
●用法・用量に関連する注意:小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。
成分・分量12錠中
柴胡加竜骨牡蛎湯乾燥エキス2.05gを含有しています。
(日局サイコ:2.50g、日局ハンゲ:2.00g、日局ブクリョウ:1.50g、日局ケイヒ:1.50g、日局オウゴン:1.25g、日局タイソウ:1.25g、日局ショウキョウ:0.40g、日局ニンジン:1.25g、日局リュウコツ:1.25g、日局ボレイ:1.25g、日局ダイオウ:0.50g)
上記生薬量に相当します。
添加物として、無水ケイ酸、ケイ酸Al、CMC-Ca、トウモロコシデンプン、ステアリン酸Mg、乳糖水和物を含有しています。
保管および取扱い上の注意(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)吸湿しやすいため、服用のつどビンのフタをよくしめてください。
(5)本剤は生薬(薬用の草根木皮等)を用いた製品ですので、製品により色調等が異なることがありますが、効能・効果にはかわりありません。
(6)本剤をぬれた手で扱わないでください。水分が錠剤につくと、錠剤表面が変色したり、亀裂を生じることがあります。
製品名JPS柴胡加竜骨牡蛎湯エキス錠N
柴胡加竜骨牡蛎湯(サイコカリュウコツボレイトウ)/漢方薬とは体力が中くらい以上の人で、肋骨下部が張り胸苦しさのある人の高血圧や動脈硬化にともなう諸症状、神経症や不眠、また、精神面がかかわる動悸や性的機能の低下などに利用されます。神経の高ぶりをしずめて、心と体の状態をよくします。漢時代の傷寒論という古典書で紹介されている処方です。
広告文責株式会社福田薬局 薬剤師:福田晃

「全品・P5倍!」【第2類医薬品】JPS 柴胡加竜骨牡蠣湯エキス錠N 260錠×3個 【宅配便・送料無料】-第二類医薬品

新着レシピ

「全品・P5倍!」【第2類医薬品】JPS 柴胡加竜骨牡蠣湯エキス錠N 260錠×3個 【宅配便・送料無料】-第二類医薬品

ページの先頭へ