【The Calhoun V2】

Calhoun V2は、伝説的なギタリストであり、作詞家、
プロデューサーでもあるMike Campbellのシグネイチャーモデルです。
Mike CampbellはTom Petty&The Heartbreakersでの活躍で知られていますが、
Don Henley、Bob Dylan、Stevie Nicks、George Harrison 、
Jackson Browne、Brian Setzer、Johnny Cash、Fleetwood Mac、
The Wallflowers等数々のアーティストたちとも密接に仕事をしていました。
彼はまた、Mudcrutchの創設メンバーでもあり、
Dirty Knobというサイドプロジェクトも行っています。
JHSで彼だけのシグネチャーペダルを作る機会を得たとき、
言葉では言い表せないくらい光栄でした。
それではCalhoun V2の機能を見ていきましょう。

Calhoun V2は、Mike氏のライブやスタジオパフォーマンスにおける
具体的な要望をもとにデザインされた2 in 1のオーバードライブ/ファズペダルです。
Calhounの左側はVolume、Drive、
Treble、Bassコントロールを備えたドライブペダルセクションです。
Volumeコントロールはペダルの出力レベルを設定します。
Driveコントロールは回路の歪みの量をコントロールします。
Treble、及びBassコントロールはペダルのEQを調整し、
必要に応じてサウンドを明るくしたりダークなサウンドへと変化させます。
Calhounの右側は、Volume、Fuzz、Bias、
EQコントロールを備えたファズペダル・セクションです。
Volumeコントロールはドライブセクションと同じく出力レベルをコントロールします。
Fuzzコントロールはファズサウンドの強弱を調整します。
Biasコントロールでは回路の電圧を調整することで、
ヘッドルームを広げてよりパワフルなトーンを得たり、
もしくはサチュレートしたトーンを得ることができます。
EQコントロールはファズセクションのトータルのトーンをコントロールします。
トグルスイッチは両方のエフェクトがONの時の接続順を切り替えることが可能で、
トグルスイッチの傾いている側のエフェクトが先に接続されます。
トグルスイッチのポジションを切り替えることでファズと
ドライブセクションの接続順が入れ替わり異なる感触のトーンが得られます。

パワージャックは標準的なDC9V センターマイナス極性です。
筐体右側のインプットジャックは1/4“ モノラルケーブルを使用してギターと接続します。
筐体左側のアウトプットジャックは1/4“ モノラルケーブルを使用して
後続のエフェクターやアンプのインプットと接続します。
大事なことを忘れていましたが、HeartbreakersのLAで行ったリハーサルのデモをお届けいたします。

Calhounは、シンプルで簡単に使用できる、
プレイヤーの誰もが求めるドライブトーンを1台のパッケージに収めたパーフェクトなペダルです。
ブルースやロックに必要な全てのトーンは容易にカバーします。

付属品:正規保証書

お問い合わせフリーダイヤル:0120-37-9630

今すぐ無料で会員登録する

JHS PEDALS Campbell,マイクキャンベル][Effector,エフェクター] [カルフーン][Mike オーバードライブ/ファズ V2 Calhoun The-エフェクター

新刊一覧

JHS PEDALS Campbell,マイクキャンベル][Effector,エフェクター] [カルフーン][Mike オーバードライブ/ファズ V2 Calhoun The-エフェクター

BSM BM-Q 【 基本受注オーダー・時々在庫あり!】【送料無料】 BL TL HQ

女性マンガの新刊一覧

JHS PEDALS Campbell,マイクキャンベル][Effector,エフェクター] [カルフーン][Mike オーバードライブ/ファズ V2 Calhoun The-エフェクター

Providence STAMPEDE DT [SDT-2]