ライン6 ワイヤレスシステム"Relay G10"登場!

Relay G10は、自宅やスタジオ等の小さなリハーサル・スペースで手軽に使える、全く新しい発想のワイヤレス・システムです。 充電式のトランスミッターをギター、ベース等の楽器に接続するだけですぐに使用することができ、全てのセットアップは自動で行われますので、どこにいてもケーブルから解放されたプレイが楽しめます。

◆シンプルで直感的なデザイン
ワイヤレスのギター・システムと言えば使い方が複雑なものでしたが、それはもう一昔前のことです。Relay G10は、非常にシンプルで直感的にデザインされており、セットアップも簡単です。1/4” トランスミッターをプラグインするだけで、レシーバーが自動的に最適なチャンネルが選択し、ロックします。またG10は、どのようなタイプのギターにも対応しているため、ギターの持ち替えも簡単です。さらには、XLR1/4”出力が別に備わっているため、出力も自由に選択可能です。複雑なメニューや面倒なセットアップは必要ありません。

◆充電も簡単
ワイヤレス・システムは高価な外部バッテリーやかさばるチャージャーが必要なものが多いですが、Relay G10は違います。充電式のトランスミッターは、最長8時間の電池寿命を確保できます。またG10は、演奏していないときにはスリープモードになり、バッテリー寿命を最長200時間まで保ちます。充電はレシーバーにトランスミッターをドックさせるだけでOK。これ以上のシンプルさはないでしょう。

◆スマートな機能
Relay G10は最高のパフォーマンスを実現するためのスマートな機能が多く搭載されています。ケーブルトーン・テクノロジーにより、ギターケーブル特有のキャラクターとフィーリングを再現可能です。トランスミッターが完全に接続されるとシステムは自動的にアクティブになり、ギターを繋いだときの耳障りなポップノイズとは無縁です。そしてレシーバーが点灯し、トランスミッターとの接続とバッテリーの状態が簡単に確認できます。

SPEC
・オートマチックセットアップ機能 ― プラグインするだけで演奏をスタート可能
・24ビット・デジタルサウンドクオリティ
・トランスミッターの充電機能つきレシーバー
・最長8時間の駆動時間、スリープモード時は最長200時間待機
・伝送距離:最大15m (見通し)


※※※※ご注意※※※※

トランスミッターのプラグ仕様:
ほとんどのギターに接続できる仕様ですが、ギター側の出力仕様やデザインなどによっては接続が困難・不可能な場合があります。Relay G10のトランスミッターはレシーバーからの充電を可能にするため、TRSプラグを採用しています。

プラグ横の小さな突起は、トランスミッターのON/OFFボタンです。ギターやレシーバーに装着すると突起が押され、LEDが点き、トランスミッターは ON状態になります。このボタンが物理的に押されない状態では、トランスミッターは機能しません。

また、稀なケースとして、アクティブ回路や出力極性が逆になっているギターでは、トランスミッターは保護モード状態となり、LEDは点いても何も音が出ないことがあります。対処法はメーカーサイトをご参照下さい。

レシーバーのオーディオ出力仕様:
XLRキャノンとフォーンの出力があります。
※USB端子は電源供給のほか、ファームウェアアップデート用にも機能します。

Relay LINE6 G10 【rpt5】 System] [Wireless-ワイヤレスシステム

新着レシピ

Relay LINE6 G10 【rpt5】 System] [Wireless-ワイヤレスシステム

ページの先頭へ