「アコースティック・サウンド」ベースのパイオニア”Rick Turner”が入荷!
”Renaissance(ルネサンス)”シリーズは、様々な使用環境にも優れた対応力を備えながら、良質なアコースティック・サウンドの創出も可能にすべく製作されるモデルです。アコースティック楽器を元にエレクトリック化する「エレアコ」ではなく、ピックアップがアコースティックな弦振動を最適に拾える様に楽器本体自体をデザインするという逆転の発想のもとに開発製作された「Amplicoustic」を標榜する当モデルはModel 1シリーズとともに、リック・ターナーを代表するモデルとして国内でも知られています。
本機はセンターブロックを要するセミホロウ構造のマホガニーボディサイド&バックにWestern Red Cederを、指板にはオプションのEbonyを採用した5弦仕様のRenaissance Standardです。一般的にトップ材の振動が不可欠と思われるアコースティック楽器ですが、ピエゾ・ピックアップを使用する場合にはトップ板の振動がない方がより自然に音を拾う事が出来る事を発見しました。その為、Renaissanceシリーズは単純にアコースティック楽器を薄くした様な構造ではなく、トップ板の振動を抑える為にセンターブロックがあります。
35インチのスケールを持つメイプルネック内部にはカーボンファイバーがレインフォースメントされており、6弦のテンションにも耐えうるしっかりとした剛性を確保。エレクトロニクスはD-TAR Wave-length Soloを使用しており、ブリッジサドルのスロット部に仕込まれたピエゾピックアップが弦振動を余す事無く感知し、トレブル、ベースのEQコントロールを可能とする、内部のプリアンプボックス(単三電池2本内臓)を介すことで、クリアかつ繊細なアコースティック・サウンドを実現しています。
セミホロウ構造を採用した小型のボディのため、座奏時にヘッド側に重心が傾くことを考慮し、ストラップ装着用延長ボードを取り付けておりますので、演奏スタイルに合わせた高さにストラップを設定することでストレスの少ない演奏をサポートします。
ステージやレコーディングなどの現場での使用を考えた「Amplicoustic」という発想により独自の地位を確立したRick Turnerの希少な6弦仕様を是非お試しください。
■Body Top: Western Red Ceder
■Body Back&Side: Mahogany
■Binding: Black
■Neck: Maple 35”
■Fingerboard: Ebony
■Pickup: Rick Turner Original
■Preamp: DTAR Wavelength Solo
■Weight≒3.08kg
Reunion Blues RBX-2B Gig Bag付属
-About Rick Turner-
Rick Turnerは数多く存在する米国の楽器製作家の中で、最もクリエイティブで尊敬を集めるルシアーの一人だ。1960年代から始まるそのキャリアは、楽器製作家という枠だけにとどまる事なく様々な形でギターの歴史と結びついている。その広範囲な活動と知見、経歴は大手ギター誌から「ブティックギターの父」と称されるに相応しく、もはや「生きる伝説」と言っても過言ではないだろう。
≪主な経歴≫
●Alembicの共同創業者であり、Grateful Deadを始めとする多数のミュージシャンに楽器を製作
●グラファイト・ネックをGeoff Gouldと開発しパテント(特許)を取得
●革新的かつ独創的なギター「Model 1」を製作
●Highlander Musical Audio社の共同創業者でありエンドピン一体型プリアンプを共同開発
●D-TARピックアップシステム共同創業者、共同開発者(Renaissanceシリーズにも搭載)
●フリーランスとして他社企業への技術協力など
●音楽書籍でインタビュアー、レビュアー、コラムニストとして執筆
今すぐ無料で会員登録する

Guitars Turner Rick Renaissance (Fretless) Bass/RB5FL-STD Standard-エレキベース

新刊一覧

女性マンガの新刊一覧

Guitars Turner Rick Renaissance (Fretless) Bass/RB5FL-STD Standard-エレキベース

CANOPUS MO-1465 Charcoal Oil スネアドラム