Drum Racks Accesories
パールがジェフ・ポカーロとのコラボレーションで開発したドラムラックは、セッテイングの常識をくつがえすもので、今もなお進化を続けています。パールのドラムラックの最大の特徴は、スクェア・アルミバーを使用して優れた安定感を確保しているところ。カーブドラックは、そのバーをカーブさせ、より演奏しやすいセッティングポジションをつくり出す。また、パイプクランプも2タイプあり、とりわけギアを装備してホルダーの角度を変えることのできるタイプは、セッティングを大きく改善し、ルックス的にも注目したいところ。 ストレートバーのモデルもカーブドラックも高さ調整が可能。バーの両端には開閉式のジョイント・クランプ(ストッパー付)が設けられ、各バーはスチールレッグへ自由な高さで接続することが出来ます。※こちらは拡張用エクステンションDR-501CE(カーブドバー)。
<各パーツの規格>
●スクェア・バー:アルミ製/40×40×915mm〈クランプ部(75mm×2)除く〉
●カーブドスクェア・バー:アルミ製/40×40×1,110mm
●スチールレッグ:38.1径×840mm
●フロアバー:長さ520mm
<DR-501CEセット内容>
カーブドスクェア・バー ×1
スチールレッグ ×1 (ストッパー ×2付)

[ドラムラック(カーブドバー)拡張セット] DR-501CE Pearl-その他

新着レシピ

[ドラムラック(カーブドバー)拡張セット] DR-501CE Pearl-その他

ページの先頭へ