特徴 [HAMMOND(ハモンド)/SK1]
独立したオルガン・セクションとピアノなどのエクストラボイス・セクション、レイヤー可能な2系統の音源を搭載。
ジャズやロックなど、バンドの中で必要とされる鍵盤楽器(エレキ/アコースティック)のサウンドを網羅しました。

スペック [HAMMOND(ハモンド)/SK1]
■ オルガン・セクション
トーンホイール・オルガンには仮想トーンホイール方式を、トランジスタ・オルガンには波形合成方式を採用し、それぞれのモデルに最適な音質と操作性を実現しました。
更に荘厳なパイプオルガンも装備。
コンボ演奏から礼拝まで、オルガンサウンドが必要なあらゆる用途に対応します。
■ エクストラボイス・セクション
ピアノ、エレクトリック・ピアノ、クラビといった鍵盤楽器のサウンドはエクストラボイス・セクションとして用意。
専用ボタンで音色の選択も簡単です。
■ ドローバー
オルガンのサウンドメイクをするのが9本のドローバー。
9本のドローバーを9段階に引き出すから音の組み合わせは9の9乗、約2億5300万種類もの音色を作り出すのです。

SK-1《お取り寄せ商品》【名古屋栄店】 / HAMMOND-キーボード・シンセサイザー

新着レシピ

SK-1《お取り寄せ商品》【名古屋栄店】 / HAMMOND-キーボード・シンセサイザー

ページの先頭へ