切替可能な4タイプのウェーブフォームを搭載したトレモロペダル

Kodiak Tremolo は、今まで誰も聴いたこともないような激しいうねりのトレモロを生み出すために必要な全てのオプションを備えた、JHS Pedals タップ・テンポシリーズに加わった最新のペダルです。クラシックな Vox と Black Face のトレモロサウンドをベースに、4つの異なるウェーブパターン、タップ・テンポ、サブディビジョンといった現代的な機能を備えたヴィンテージ・トレモロとしてトータルコントロールが可能で、あなたの中に眠っていたサウンドを引き出して多くのインスピレーションをもたらしてくれることでしょう。

Kodiak は Volume、Speed、Mix、Ratio、Wave のシンプルな5つのコントロールを備えています。
Volume は、Kodiak の出力レベルをボリュームカット、ユニティの設定~ブーストまでで設定します。
Speed ノブはトレモロのスピードをマニュアルでコントロールしますが、タップ・テンポスイッチでも設定が可能です。
Mix ノブは、完全なクリーンサウンド(ドライ)~完全なウェット状態まででトレモロの深さをコントロールします。Kodiak の素晴らしい機能として、Mix ノブを左いっぱいに回したミニマムの設定で Volume をアップすればアンプや他のペダルをブーストさせたり、プリアンプや歪みの少ないドライブブーストとしても使用することが可能です。
Ratio コントロールはタップ・テンポで入力した BPM と完璧に同期し、選択したサブディビジョンに切り替わります。サブディビジョンは4分、8分、3連符、16分から選択できます。
Wave コントロールは、Sine、Rhythmic、Square、Ramp の異なる4種類のウェーブバリエーションを選択できます。
Sine はクラシックなアンプに搭載しているようなトレモロサウンド、Rhythmic はさまざまな拍子に合わせて異なった効果を生み出すリズミカルパターンのトレモロ、Square はマシンガン奏法のような途切れるトレモロサウンド、Ramp はさえずるようなワブル・サウンドが得られます。

ペダルの右サイドには Tap/Expression ジャックも装備しており、外部タップ・テンポスイッチまたはエクスプレッション・ペダルを接続してトレモロのスピードをコントロールすることが可能です。ペダル左サイドのスイッチで、接続する機器の種類に合わせて TAP または EXP のどちらかを選択します。

電源は標準的な9VDC センターマイナス極性で消費電流値は10mAです。

サイズ:66.0mm x 121.9mm x 40.6mm

UD20181202

今すぐ無料で会員登録する

JHS PEDALS / Kodiak Tremolo【渋谷店】-エフェクター

新刊一覧

JHS PEDALS / Kodiak Tremolo【渋谷店】-エフェクター

MXR / M181 Blow Torch Distortion BL TL HQ

女性マンガの新刊一覧