制作とパフォーマンスをシームレスにつなぐ、現代のSYSTEMシンセサイザー。
1970年代にローランドが発売したSYSTEM-700 / SYSTEM-100。30年以上の時を経て当時のローランドが考えていたSYSTEMシンセサイザーに対する思い「自分のシンセサイザーを作り上げる」という設計思想を現代のシンセサイザーの理想の形として実現したのがSYSTEM-1です。SYSTEM-1はACBテクノロジーで再現されたソフトウェア・シンセサイザーを自在に入れ替える「PLUG-OUT」コンセプトを採用。また、SYSTEM-1本体にはローランド・アナログ・シンセサイザーの独特な振る舞いを組み合わせて作り上げた、まったく新しいオリジナルのシンセサイザー・エンジンを搭載しています。
◎ローランド・ヴィンテージ・シンセを現代的にアレンジした最新のアナログ・モデリング・サウンド。
◎すべてのサウンド・パラメーターを直感的に操作可能。
◎薄型鍵盤と新型ピッチベンドによるローランド・シンセ史上もっともコンパクトな設計。
◎歴代の名器とされるローランド・ヴィンテージ・シンセをACBテクノロジーで完全再現。
◎Mac/PCでの使用はもちろん、状況に合わせて本体へインストールして持ち運べる新コンセプト「PLUG-OUT」に対応。
◎AIRAシリーズとの同時使用で快適なパフォーマンスを実現。
詳細
クラシックなサウンドはもちろん、新たな音楽ジャンルを生み出す可能性を秘めた
革新的なサウンドも搭載。
SYSTEM-1は、4ポリフォニック・シンセサイザー、最大で4つのオシレーターを使用可能。Saw、Squareといった基本的な波形から、ローランドならではのSuperSaw、そして新たに矩形波を複数重ねて新たな波形を生み出すSuperSquareなど、バリエーションも豊富。さらにオシレーター・カラーにより、シンプルな波形から独特な波形への連続変化を実現しています。フィルター部は-12dB/-24dB(/Oct)の切り替えが可能。独立したハイ・パス・フィルターも搭載。オシレーター・シンク、リング・モジュレーター、クロス・モジュレーターといった多彩なモジュレーション機能による過激な音色の生成、トーンつまみによるサウンドのバランス調整など、こだわりの音づくりも可能にします。SYSTEM-1では、サウンド・メイクやパフォーマンスに必要なすべてのパラメーターをつまみやスライダーで直感的に操作できるのも特長です。
シンセサイザーならではのフィーリングを重視したインターフェース。
シンセサイザーならではのフレーズを生み出すアルペジオ機能を搭載し、アルペジエーターに連動する新機能SCATTERを搭載。10種類のフレーズ変化から選択し、さらにかかり具合も10段階で調整可能。ビットレートを変化させるクラッシャーつまみを独立して搭載。現代の音楽シーンにマッチするサウンドも表現可能。空間系エフェクトとしてリバーブとディレイを独立して搭載。SYSTEM-1本体には薄型鍵盤と新型ピッチベンドを採用。ローランド史上もっともコンパクトかつ本格的なシンセサイザーを生み出すことに成功。薄型ながら通常サイズの鍵盤を採用し演奏性も重視しています。
Mac/PCや外部MIDI機器との連携。
SYSTEM-1は背面にUSB端子を装備し、Mac/PCと接続してMIDI、オーディオ信号の送受信が可能。MIDI IN/OUT端子を装備し、MIDIキーボード・コントローラーやシンセサイザーとの接続が可能。アルペジオやディレイ・タイムなどはテンポ同期させることも可能で、TR-8をはじめとしたAIRAシリーズやDAWソフトウェアなど、外部機器との同期演奏も簡単に行えます。

UD20180309

ローランド Roland / SYSTEM1 AIRA シンセサイザー PLUG-OUT SYSTEM-1-キーボード・シンセサイザー

新着レシピ

ローランド Roland / SYSTEM1 AIRA シンセサイザー PLUG-OUT SYSTEM-1-キーボード・シンセサイザー

ページの先頭へ