亀甲や鹿の子に向かい鶴菱が染められた、袷のアンティーク襦袢です
袖には絞り染めがあしらわれた別の生地(正絹)が合わされています
生地は柔らかい手触りの正絹縮緬です
裏地には綿が合わされています

胴部分と同じ生地の袖があり、こちらは袖幅31cm、袖丈57cmと長めですので、着用するお着物によって袖を付け替えていたようです
半衿はついていません

(C)は仕立て直しの跡による擦れです
右袖下部に大きめの破れ直しの跡が残っています(D)
衿汚れがあるほか、記載はありませんが、衿部分がやや変色しており、アクが出ています
その他、多少の傷みがありますので
図と写真でご確認ください(黒字・表地、赤字・裏地)

古いものですので傷みはありますが、
アンティークならではの鮮やかな意匠をお楽しみ下さい

文:浅見




*おおよその地色 - HTML code (CF1F1F)

■■■

歴史戦前
状態良い
生地
裏地綿
サイズ
63.5cm
身丈123cm
後幅30cm
前幅21.5cm
袖丈52cm
つま下-cm
実重量0.73kg

着物 【中古】アンティーク 襦袢 190320 送料無料 正絹 亀甲や鹿の子に向かい鶴菱 袷-長襦袢

新着レシピ

着物 【中古】アンティーク 襦袢 190320 送料無料 正絹 亀甲や鹿の子に向かい鶴菱 袷-長襦袢

ページの先頭へ