ブライアン・メイのあのトーンを目指して
かつて、ギタリストにとってもっとも刺激的なことといえば、アンプのゲインを上げることでした。
アンプのゲインが足りない時、トレブルブースターがそのアンプをプッシュしました。

トレブルブースターを使い、伝説となるトーンを築き上げたギタリスト、
ブライアン・メイはVox AC30+トレブルブースターという組み合わせであの素晴らしいトーンに辿り着きました。
アンプのゲインを上げ、さらにトレブルブースターを常時ONにし、そして音色の調整は、ギターのVolumeとToneのみで行っていたのです。

Catalinbreadでは、この美しくシンプルな構成を1つのペダルにまとめたペダルの開発をはじめました。
“Amp-in-a-box”と、最適に調整を施したトレブルブースター回路をまとめるのです。
使いこなせば最高の音色であるにもかかわらず、その扱いの難しさから敬遠されることもあるトレブルブースターも、
こうすることで、そのバランスに気を使うことなく、音量が上がりすぎることもなく、常に最高のトーンが得られるようになります。
ペダルを接続し、ただ弾くだけで“あの音”が甦ります。そうして生まれたのが、Catalinbreaf Galileoなのです。

Vox AC30とトレブルブースターの間には、特別な“何か”があります。
トレブルブースターでAC30をヒットすると、打てば響くように最高の音になります。
ミッドレンジは極上の歪みを作り、ハーモニクスが美しく混ざり合います。
ギターのヴォリュームを下げれば、Voxアンプ特有の世界がさらに広がります。
それはアグレッシブで怒号のようなサウンドでありながら、鐘の音のような響きを同時に持っています。
その説得力のあるサウンドを、Catalinbreaf Galileo MkIIは作ることができます。

ブライアン・メイのトーンは、長年多くのプレイヤーによって研究されてきました。
Dallas RangemasterとVox AC30の組み合わせはその中でもスタートラインであり、AC30やRangemasterを持たないプレイヤーがその音を作るのは困難とされてきました。

Catalinbread Galileo MkIIが、その困難を打ち砕いて見せました。
このペダルが、適正に設定されたRangemasterとAC30のトーンをまとめ、まさにブライアン・メイのトーンを出力します。

AC30のプリアンプ回路は、真空管をJFETに変え、そのままGalileo MkIIにも搭載されています。
そして、完全にチューニングされたレンジマスタースタイルの回路が、そのプリアンプ回路をヒットします。
これがブライアン・メイ・トーンの秘訣です。2つの回路が化学反応を起し、
ミッドレンジジャングルのような複雑なアンプトーンとなって出力されます。

Gain、Tone、Volumeの3つのノブで基本的なトーンを作り、さらにギターのVolumeノブがGalileo MkIIの4つ目のノブとして機能します。
これこそ、Galileo MkIIの真骨頂です。表面だけをブライアン・メイ風のトーンにしただけのものではありません。
ギターのVolumeがフルアップならあの荘厳なリードトーンが、Volumeノブを下げれば、あの独特のダーティさのあるクリーンサウンドが得られます。
クリーンじゃないようでクリーンな、あの音です。バンドアンサンブルと合わさると、このペダルの特性がギターの音の必要な帯域だけを抜けさせます。

Galileo MkIIはオレゴン州ポートランドで制作されています。
トゥルーバイパススイッチングで、スタンダードなセンターマイナス9Vのアダプタ、または9V電池で駆動します。
今すぐ無料で会員登録する

Catalinbread Galileo MKII《エフェクター/オーバードライブ》【送料無料】(ご予約受付中)-エフェクター

新刊一覧

Catalinbread Galileo MKII《エフェクター/オーバードライブ》【送料無料】(ご予約受付中)-エフェクター

Source Audio / AFTERSHOCK BASS DISTORTION BL TL HQ

女性マンガの新刊一覧

Catalinbread Galileo MKII《エフェクター/オーバードライブ》【送料無料】(ご予約受付中)-エフェクター

【送料無料】ゲーター GATOR GPR-1404SD 3~5×14スネアハードケース【smtb-TK】