●”ピアノ”としての表現力を追求したピアノ・シンセサイザー

コンサートグランドピアノをはじめとした高品位ピアノボイスを搭載。そのポテンシャルを最大限に引き出し、シンセサイザーとしてはもちろん、”ピアノ”として心地よい演奏感を感じられるよう、鍵盤と音源とのマッチングを本機の為に一から徹底的にチューニング。ピアニストの表現を音として伝える”ピアノ・シンセサイザー”です。

●リハーサル、ライブ、どこにでも持ち運べるシンセサイザー

MX49が3.8kg、MX61が4.8kgという軽量設計により、エレクトリックギター並に持ち運びやすいMX49とMX61。キャスター付きソフトケース(別売)に収納することで88鍵モデルでありながら抜群の取り回し易さを実現するMX88。

どんな場所でも自分の楽器で演奏したい、そんなキーボーディストの思いに応えるパッケージを提案します。

●モデル毎に個性が光るカラーバリエーション

前モデルのデザインを踏襲しつつ新たなカラーリングを施したMX49とMX61には、ステージ上での視認性を高めるブラック(BK)モデルと、アクティブさを強くアピールするブルー(BU)モデルをラインナップ。

そしてMX88にはポップスからシックなアコースティックステージまで、あらゆるシーンに溶け込むモノトーン調カラーリングを施しました。

●ハイエンドクラス・シンセサイザー直系の高品位音源

1,000音色を超えるMOTIFシリーズ直系の音色を搭載。ピアノやエレクトリックピアノといった鍵盤楽器はもちろん、バンドでよく使われるストリングス、シンセブラス、シンセリードに至るまで多彩な音色カテゴリーを網羅しています。さらに、音の最終的な味付けとなるエフェクターもMOTIF 譲りのVCM(Virtual Circuitry Modeling)エフェクトやREV-X (高品位なリバーブ)エフェクト、マスターEQ を搭載。まさに「MOTIF シリーズ」を継承したプロレベルのサウンドが手に入ります。

●音色ダウンロードサービス 『Yamaha Synthesizer Sound Libraries』

製品ページにリンクされた『Yamaha Synthesizer Sound Libraries』から音色データを自由にダウンロードし、本体にロード可能。著名バンドの曲で使われた音色をMX シリーズ上で再現したデータを始め、バンドで即戦力となる音色データを自由に手に入れられます。

●演奏に必要な操作をシンプルに行えるユーザーインターフェース

演奏に必要な基本操作には専用ボタンが用意され、複雑な操作は必要ありません。例えば、パネル上には16 個の楽器カテゴリーボタンが配置され、ピアノ、キーボード、ストリングスなど楽器カテゴリーから音色を選択できます。さらに、2 つの音色を重ねるレイヤー、音域ごとに配置するスプリットの設定も専用ボタンで可能。シンセサイザーが初めての方にも優しいユーザーインターフェースです。

●PC、Mac と接続しての音楽制作に対応

MX シリーズ本体とPC をUSB ケーブルで接続するだけで、MIDI データだけでなくオーディオデータもやり取りできるUSB オーディオMIDI インターフェース機能を搭載。さらに、DAW ソフトウェアCubase シリーズの特別バージョン「Cubase AI」の最新版をダウンロードできるダウンロードインフォメーションを同梱。PC、Mac と接続しての音楽制作が可能です。

●iPhone / iPad との連携を強化

USB Class Compliant に対応しており、iPhone、iPad とLightning - USB カメラアダプタを介してUSB 接続することで、iPhone, iPad の音声をMX シリーズ本体から出力可能。同時にiPhone, iPad上の音楽系App をMX の鍵盤で演奏できるなど、iOS デバイスと接続して演奏する先進の環境に対応しています。

発売と同時に公開される無料のFM 音源App 『FM Essential』や、Steinberg 社のiPad 用App『Cubasis LE』はそれぞれ、単体では機能制限がありますが、MX49 BK/BU, MX61 BK/BU を接続することで制限が解除され、フル機能バージョンとして使えるようになります。これによりiPhoneを拡張音源として使用したり、iPad で音楽制作することが可能です。

YAMAHA MX88-キーボード・シンセサイザー

新着レシピ

YAMAHA MX88-キーボード・シンセサイザー

ページの先頭へ