Acidlab Drumatix(ドラマティックス)は、 ヴィンテージ・アナログ・ドラムマシンの名機であるRoland TR-606と同等の音源回路を採用したMIDI対応アナログドラムマシンです。
1980年代に持ち運びが容易なドラムマシンとして発売され、その完成度の高いアナログドラムサウンドが現在も根強い人気の TR-606。
DrumatixはそのTR-606の構成に基づきながら、大幅に機能を拡張したTR-606クローン・ドラムマシンです。

音源部分はベースドラムとスネアドラムが2パートずつに拡張され、さらにオリジナル606に搭載されていないリムショット・パートとハンドクラップ・パートを追加。
いくつかのパートはパラメーターのエディットが可能。
各パートはそれぞれパラアウトを用意、ステップ入力とリアルタイム入力か可能でシャッフル機能を搭載したシーケンサー、MIDIシンク&外部 MIDIトリガー機能など、現代の音楽シーンと制作環境に対応。

スタジオでのトラック制作、ライヴパフォーマンスに"本物"のアナログドラムサウンドを。
Drumatix はリアルなアナログ・ドラムサウンドを求めるクリエイターの要望に応えてくれるでしょう。

アナログ・ドラムマシンの名機TR-606を再現。
パート数とコントロールを大幅に強化したパーフェクト仕様。

DrumatixはRoland TR-606に基づいたの音源回路を採用し、あのTR-606サウンドを見事に再現しています。
TR-606は可搬性を重視した小型な筐体のため、音色をエディットするためのノブは搭載されておらず、各パートのボリュームコントロールとアクセントのコントロールのみ可能でした。
Drumatixはボリュームとアクセントに加え、チューン、ディケイ、スナッピー、トーンをコントロールし、サウンドのエディットが可能です。

リズムの要となるキックとスネアは2パートずつに拡張。
Bassdrum1はTR-808に近いサウンドでアタックのピッチダウンが特長的です。
Bassdrum2はTR-606タイプです。
いずれもTuneとDecayコントロールを搭載。

Snaredrum1はTR-606タイプです。
Snaredrum2は808のスネアドラムのToneパラメーターを高めにセッティングに近く、スナッピーに効きがよりアグレッシブです。
いずれもSnappyコントロールを搭載。
1つのリズムパターンの中で2種類のキックとスネアを使い分けたり、2パートを同時に鳴らした音作りをしたり、リズムのバリエーションが大きく広がります。

LowTomとHighTomはそれぞれTuneが、特徴的なサウンドがそのまま再現されたCymbalはToneとDecayがコントロール可能。
独特な歪みのある質感が多くのクリエイターに支持されているHiHatsはDecayのコントロールが可能です。

さらに TR-606 には搭載されていなかった2つのパートを追加。TR-808と同等の回路のRimShotと、DR-110のハンドクラップに非常に近いサウンドのHandClapが追加されて豪華なパート構成になりました。

DrumatixはTR-606ユーザーが渇望していた数々の機能を搭載した、まさに「パーフェクト」なアナログ・ドラムマシンです。
ステップ / リアルタイム入力、シャッフルに対応したシーケンサー。
MIDI シンクと MIDI ノートトリガーも可能。

Drumatix は TR-606 の再現だけに留まらず、現代の音楽シーンや制作環境に対応するよう、あらゆる機能が強化されています。

シーケンサーはオーソドックスな16ステップのTRタイプのシーケンサーを搭載。パターンのプログラミングはどのタイミングで鳴らすかを16個のステップボタンで指定するStep Writeに加え、ボタンをリアルタイムに叩いて入力するTap Writeも搭載しています。
打ち込んだパターンを再生するPattern PlayとStep Write/Tap Writeはシームレスに切り替えることができるので、リアルタイムにパターンをプログラミングしながらのパフォーマンスも可能です。
作成したパターンを並べて順番に再生するTrack Write / Track Playモードでソングに仕上げます。

TR-606 では不可能だったシャッフル機能を搭載。一般的な16分音符(TR-909タイプ)と8分音符(CR-8000タイプ)でのシャッフルに加え、それらのシャッフルを組み合わせることも可能です。
よりグルーヴィーなリズムパターンを鳴らすことができます。

本体背面に MIDI IN 端子を搭載しており、他のドラムマシンやシーケンサー、DAW等をマスターにDrumatixで作成したリズムパターンをMIDI Clockで同期再生させることが可能です。
MIDI登場以前のシンク規格である「SYNC-24(DIN SYNC)」端子も搭載しており、ビンテージ・ドラムマシンなどとも同期演奏が可能です。

MIDI エクスパンダーモードでは、MIDI INから入力したMIDIノート情報でDrumatixのサウンドを鳴らすことも可能です。
DrumatixをMIDI音源として使用し、ドラムパッド、他のシーケンサーやDAWから演奏することができるので、内蔵シーケンサーでの演奏とはまた違ったグルーヴを生み出せます。

オーディオの出力はメインアウトの他にパラアウトを装備。
各パート毎に出力し外部ミキサーでミックス、パート毎にエフェクト処理、DAWへ録音する際は多チャンネルのオーディオインターフェースを使用すれば、複数パートをパート別に一度に録音することが可能です。

<MIDI対応アナログ・ドラムマシン>
●同時発音数:10音 (1パートにつき1音x10, OHとCHは2パートで1音)
●パターン数:最大192 = 16パターン×12パターングループ(1パターン最大16ステップ)
●トラック数 (ソング数):最大12ソング
●入出力:
 モノラルマスターオーディオアウト(6.3mm標準フォンジャック)
 各インストゥルメントのパラアウト= 6系統 (6.3mm標準フォンジャック)
 トリガーアウト(リムショット) (3.5mmミニジャック)
●MIDI:
 IN (外 MIDI機器からトリガー;ベロシティ2段階/外部 MIDI 機器と同期)
●DIN SYNC-24:IN/OUT 共用ジャック (切替式)
●外形寸法:257W x 209D x 43H mm (突起含む)
●重量:1.1kg
●電源:AC14V (ACアダプター付属)

【即納可能】【あす楽】表記の商品以外は基本的にお取り寄せになります。

メーカー在庫依存商品はお取り寄せでも翌日出荷が可能です。
(但:メーカー在庫品・平日メーカー受注時間内)
※商品状態をリアルタイムに反映できない場合がございます。
売り切れの際はご了承ください。

【送料無料】 Drumatix acidlab-キーボード・シンセサイザー

新着レシピ

【送料無料】 Drumatix acidlab-キーボード・シンセサイザー

ページの先頭へ