絹100% 長さ約3.6m(お仕立て上がり時)
※おすすめ帯芯:染帯用綿芯 ◇お太鼓柄
◆最適な着用時期 9月~5月(秋単衣から袷の季節に)

◆店長おすすめ着用年齢 ご着用年齢は問いません。

◆着用シーン 街着、お食事、ショッピングなどのカジュアルシーンに。

◆あわせる着物 小紋、色無地、御召、紬

京でも随一とされる、
伝統的な染めの技法のみを追求されている老舗染匠さんのお品。

生地にこだわり、意匠にこだわり、染めにこだわり尽くして仕上げられた、
すばらしい染め九寸名古屋帯をご紹介いたします。

その中でも、作家ものとなればなかなかお見掛けする機会も多くはございません。
【ローケツ染作家 小堀靖美】氏のよる創作特選品…
その感性をじっくりとご堪能くださいませ。


ローケツ染めとは…
熱で溶かしたロウを筆に含ませ生地に模様を写し染め抜いたものです。
ロウで生地に模様を描くことによりロウで模様を描いた部分に染料がのらないので
模様の部分が白く染め抜かれます。
またローケツ染めの特徴として
ロウを含ませた筆で描くので墨書きと同様筆のタッチが得られること。
一度ロウで書いた模様の上にもう一度重ね描くことにより濃淡が
出来るので立体感が表現できること。
又 模様を書いた生地を染めるとき自然にひび割れが入るため
この部分に染料がにじみなお一層ローケツ染めの魅力となります。

筆は高温に強い筆を使用し温度は約150℃で描きます。
ロウは温度が高いと生地の裏まで透き通り温度が低いと半透明になります。
それもまた深い味わいの表現になります。

まずはじっくりとご覧下さい。
上記のような技法で何度も何度も筆をかさねて
描きあげられた独特の意匠。

やわらかく独特のハリとシャリ感が味わい深い紬地は
節糸の風合いも豊かに、無地場にあっても趣き深い面持ちを魅せてくれます。

その落ち着いた墨黒色の地に、色鮮やかに、多彩に描かれた更紗の意匠。
お太鼓と前柄に、鮮やかな彩りが浮かび上がり
ローケツ染めならではの魅力をダイレクトに感じられる作品に仕上がっております。

力強い作品…
まさに世界にひとつだけの染め上がりを、是非ご堪能頂きたく思います。

主役になれる、通好みの上質カジュアルなお品。
街角の誰もが振り向く注目の一本です。
お集まりでもきっと話題にしていただけることでしょう。

モダンな創作力に、ハイセンスな趣味性。
この機会に、貴女だけの個性の演出を楽しまれてはいかがでしょうか。
どうかこの機会をどうかお見逃しなくお願いいたします。

※こちらの帯のお仕立てには染帯用綿芯がおすすめです。


九寸帯のお仕立て
(染帯綿芯九寸<おすすめ>) (綿芯お仕立て) (絹芯お仕立て) (帯芯つきお仕立て)
撥水加工をご要望の場合
(パールトーン加工 九寸帯)
(ガード加工 九寸帯)

[A2G078173QW]-[TP:桂]-[PS:長洲]-[CH:八木]-[文責:吉岡駿]-[0915018]
▲ サブ画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

京の一流【老舗染匠】[ローケツ染作家 小堀靖美作]特選正絹紬染九寸帯「更紗献上」≪鮮やかに…帯姿を彩る逸品!≫-帯

新着レシピ

京の一流【老舗染匠】[ローケツ染作家 小堀靖美作]特選正絹紬染九寸帯「更紗献上」≪鮮やかに…帯姿を彩る逸品!≫-帯

京の一流【老舗染匠】[ローケツ染作家 小堀靖美作]特選正絹紬染九寸帯「更紗献上」≪鮮やかに…帯姿を彩る逸品!≫-帯

2016.08.05更新
ページの先頭へ