絹100%
長さ3.6m(お仕立て上がり時)
お柄付け:六通柄(手先は無地です)
◆最適な着用時期 10月~翌年5月の袷頃

◆店長おすすめ着用年齢 ご着用年齢は問いません。

◆着用シーン カジュアルパーティー、街着、音楽鑑賞、観劇、行楽など

◆あわせる着物 小紋、付下げ、色無地、御召、紬など

自然豊かな風土から生み出された、至極の逸品。
山城愛子氏の制作された、
本場琉球紅型九寸名古屋帯をご紹介いたします。
それも今回の作品は、珍しい筒描きのお品…。
この美しき色彩を是非お手元でご堪能いただきたく存じます。

鮮やかな色彩使いが印象的な琉球紅型。
もともとは、身分の高い者だけに着用を許され、
一般の方々は身につけることのできないお品でした。

廃藩置県によって王朝の庇護はなくなり、
戦争によって多くの型紙や道具が失われましたが、
そのような辛苦を乗り越えて創作を続けられた職人さんたちの情熱は失われません。

豆腐を干した「るくじゅう」の上で、鋭利な小刀を自在に操って、
突き彫りされる美しい型。
そして、精神を極限迄集中させて糊を置いていく匠の技。

紅型には顔料が用いられております。
顔料は朱、石黄、洋紅、藍蝋、群青、胡粉、墨などで、
無機顔料や有機顔料が用いられていました。
素材は沖縄に産するもではなく、王朝時代の海外交易によって入手していたものです。

そして今回用いられました染めの方法は筒描き。
一般の方にはあまり、聞き覚えの無い言葉ではないでしょうか。
非常に昔からある染め方なのですが、手間がかかるという事で、今では少なくなりました。
ではなぜ今 筒描き手染めなのかというと現在主流のプリント物や機械染めでは絶対に出せない手作りならではの風合いや味わいが出せる染色法だからです。

すべてが手仕事の為、手間が掛かり、効率も悪く、機械量産に押され、激減してきている染色法ですが
どうしても手仕事でしか出せない『風合い』が確かにあるのです。
それを生活という空間にひとつ置かれてみて下さい。そして永くお使いになって下さい。
きっとなぜ今、手仕事なのかが解っていただけると思います。

しなやかかつハリのある、宝尽くしの意匠が込められた七宝の地文様が一面に施された帯地。
お色は鮮やかながらも気品香る芥子色。
豊かな色彩にて描き出された可憐な花々に、花亀甲の意匠。

手仕事の味を持っていて、まるで影絵のような独特のシルエットの描写、深い多彩が散りばめられる、琉球紅型の力強さが感じられる素晴らしい染めあがりです。

ひとつひとつの丁寧な手作業と、刺繍や金箔などを使わずに、
顔料の発色の鮮やかさと、型のデザイン性で表現する。
紅型という染めの芸術を感じていただけることでしょう。

妥協の許されないほんものの仕上がりを、
どうぞお手元でじっくりとお確かめ下さい。

お色柄、地風ともに大変素敵なお品です。
お手元でご愛用いただける一品となりましたら幸いでございます。
※こちらの帯のお仕立てには染帯用綿芯がおすすめです。


九寸帯のお仕立て
(染帯綿芯九寸<おすすめ>) (綿芯お仕立て) (絹芯お仕立て) (帯芯つきお仕立て)
撥水加工をご要望の場合
(パールトーン加工 九寸帯)
(ガード加工 九寸帯)

[A0G217242]-[TP:松野香]-[PS:浅野浩]-[CH:田中郷]-[文責:森岡]-[0329019]
▲ サブ画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

【山城愛子】特選本場琉球紅型筒描九寸帯「彩花亀甲文」心に染み入る清廉な色彩…手仕事の暖かさ…-帯

新着レシピ

【山城愛子】特選本場琉球紅型筒描九寸帯「彩花亀甲文」心に染み入る清廉な色彩…手仕事の暖かさ…-帯

Feature

【山城愛子】特選本場琉球紅型筒描九寸帯「彩花亀甲文」心に染み入る清廉な色彩…手仕事の暖かさ…-帯

【山城愛子】特選本場琉球紅型筒描九寸帯「彩花亀甲文」心に染み入る清廉な色彩…手仕事の暖かさ…-帯

2016.08.05更新
ページの先頭へ