真珠はフォーマルジュエリーとしての定番であり、大変人気があります。

お数珠でもその清楚な輝きが好評です。

真珠は、貝が自らの体を守るために作り出す物質です。その際に、核を持たないことでライス型や色々な形になったり、色素を含んで色みが変わったりします。

最も古くから親しまれてきた宝石のひとつで、昔は薬として使われていたこともありました。

真珠の価値は「巻き」と呼ばれる真珠層の厚みと、光沢をあらわす「照り」や傷の有無、形で決まります。

カラス貝など、淡水生の貝の中に出来る真珠を淡水真珠と呼びます。

淡水真珠は養殖の際に核を挿入しないため、形が真円には育たず、ライス型など一つ一つが異なる形に育ちます。

今回、ご用意いたしましたポテト型は楕円形の形をしており、それぞれの玉によって、微妙に玉の形が違います。

淡水真珠は核を持たず全てが真珠層で出来ているため、丈夫であることも特長のひとつです。

・親玉直径が約1.2cm(水晶)
・主玉直径が約0.6cm×0.5cm(淡水真珠)
・天玉

直径が約0.4cm(水晶)

今すぐ無料で会員登録する

女性用 日蓮宗 水晶仕立て 8寸法華 淡水真珠 数珠-数珠

新刊一覧

女性マンガの新刊一覧