黒のうるし塗りで美しく仕上げた時香盤(常香盤)です。
常香盤とはその昔、時間を計るのに使用された道具です。

[使用方法]

1.格子のフタを外し、灰を八分目程まで入れます。(灰押があたるくらいの量が目安です)

2.灰押で軽く灰を整えます。(押し固めすぎると灰の中の空気が出ていってしまいます)

3.灰の上に抜き型を置き、抹香を溝にいれます。ならし板を使ってはみ出た抹香も整えます。

4.抹香を入れ終えたら、その上から溝部分の型で軽く押して整えます。

5.型の両端を持って上へそっと引き上げます。

6.抹香の端からお線香などを使って点火します。


時香盤(常香盤)
サイズ:15×15×27cm
灰押・抜き型・ならし板付

常香盤(時香盤) 黒塗 渦巻型セット 灰押付-ろうそく

新着レシピ

常香盤(時香盤) 黒塗 渦巻型セット 灰押付-ろうそく

ページの先頭へ