乳珀とは琥珀の一種で、以前紹介致しました老珀と同様に大変古い時代の琥珀だと言われています。



琥珀というと一般的には黄色がかった透明の宝石を思い浮かべる方が多いと思いますが、乳珀はその名の通りクリーム色にもやが入った不透明な琥珀なのです。



結晶化するまでに長い時間をかかったため、不思議と温かみのある色と独特の模様が現れました。琥珀の中でもグリッド以外の模様が出る琥珀はほとんどありません。



それでいて琥珀としての魅力も損なわず、見ていて飽きないブレスに仕上がっております。




琥珀が好きな方にも珍しいものをお探しの方にも自信を持っておススメできる一品です。
・親玉

直径が約1.0cm×0.8cm(乳琥珀)

・主玉 直径が約0.8cm×0.6cm(乳琥珀)
・天玉 直径が約0.6cm×0.4cm(乳琥珀)
・内径 こちらの腕輪の内径は、約17.0cmとなっております。

乳琥珀 みかん玉 ブレス 共仕立て-数珠

新着レシピ

乳琥珀 みかん玉 ブレス 共仕立て-数珠

ページの先頭へ