■カリフォルニアはパソ・ロブレスのワイナリー、ラヴァンチュールのオーナーかつワインメーカーを務めるのがステファン・アセオ氏。

ブルゴーニュの大学で醸造学を学び、1982年に初めて所有したのは、ボルドー右岸に位置するドメーヌ・ドゥ・クルティヤックでした。

技術を磨きワインスペクテーターでも高評価されるようになります。

しかし彼は、フランスのAOC法に縛られた形ではなく、 より革新的な方法でワイン造りを行いたいと願い世界中のブドウ畑を巡りたどり着いたのがカリフォルニアでした。

パソ・ロブレスに秘められた唯一無二のテロワールに恋に落ち、「ラヴァンチュール(フランス語で“冒険”の意)」

という名のワイナリーをスタートさせました。

0.4haあたりブドウ樹2,100本という非常に高い密度で栽培すること、収量は0.4haあたり2トンと尋常でない低収量に制限され、ブドウの熟度や濃縮度、バランスを維持しています。

パーカーポイント「98点!」と高得点を獲得しています。

ル・エステート・キュヴェ[2014](ラヴァンチュール)-その他

新着レシピ

ル・エステート・キュヴェ[2014](ラヴァンチュール)-その他

ページの先頭へ