*こちらの商品は宅配便での配送料をサービス致します。設置・組み立ては別途料金がかかります。
予めご了承下さいませ。

ステージピアノ“MPシリーズ”は1998年の発売から約16年間、世界中のトップ・ミュージシャンに愛されるなど、プロが使うレベルに応える高い基本性能と、外部機器などをコントロールするマスターキーボードとしての機能を兼ね備えたモデルとして、欧州市場を中心に世界各国で高い評価をいただいております。

この度、従来の機種である「MP10」「MP6」を、このジャンルでは最高クラスの鍵盤・音源などを採用し、表現力が格段に向上した『MP11』『MP7』を発売します。また、音色面では、ステージで多用されるピアノ音色やエレクトリックピアノ音色をさらに強化しました。ハイレベルなタッチとサウンドの高いポテンシャルは、ミュージシャンの創造力を刺激し、多彩なパフォーマンスへと導きます。

■『MP7』の特長
1. グランドピアノの本格的なタッチと豊かな表現力を追究
『MP7』には、「レスポンシブ・ハンマー・アクション」をさらに進化させた最新のアクション機構「レスポンシブ・ハンマー・アクションII」を搭載。両方の機種には、鍵盤の動きや打鍵の強弱をよりきめ細かく検知する3つのセンサーがあり、連打やトリルにおいて、前の音の響きを残しながら音を重ねることができ、グランドピアノを演奏しているかのような感覚を体感できます。

2. 表現力を格段に進化させた「HI-XL音源」を搭載
グランドピアノの音色には、その豊かな響きとともに、演奏表現によって変化する音の余韻や、弦や響板の振動が複雑に影響し合って生まれる共鳴音など様々な特長があります。
MPシリーズには、グランドピアノ特有の時間とともに変化していく音色を忠実に再現した、表現力が高い「HI-XL音源」を搭載。グランドピアノの大きな特長である、ダンパーペダルを踏んだ時の響板やフレームの響きを再現した「ダンパーレゾナンス」や、ハンマーの硬さを調整できる「ボイシング」、倍音の共鳴を再現した「ストリングレゾナンス」など音の響きを細部まで再現しています。また、「HI-XL音源」は、最大同時発音数256音というデジタルピアノ最高クラスの性能を備えています。ダンパーペダルを多用する演奏や連打など、発音数をたくさん使用する演奏方法でも音切れを気にすることなく存分に演奏を楽しめます。

3. フレキシブルで直観的な操作性
『MP7』のコントロールパネルは、リアルタイムなコントロールを実現するためのボタン配置になっています。また、ホイールや4つのノブ、ペダルなどには内蔵・外部音源の様々なパラメータを割り当てることができます。使用頻度が高いパラメータはパネル中央に配置された4つのノブに割り当てることにより、ステージ演奏でも瞬時にコントロールすることができます。

4. リアルタイムにコントロールできるトーンホイールシミュレーション【MP7】
『MP7』では、トーンホイールオルガンをシミュレートした音色を搭載しています。9本のドローバーをフェーダーやノブで調節することができ、リアルタイムに音色を変更して演奏を楽しむことができます。さらにトーンホイールオルガンの特徴でもあるホイールノイズやクリックノイズなどを付け加えることができ、ロータリーエフェクトやアンプシミュレータを組み合わせることで年代にあった特徴的なサウンドづくりができます。

■主な仕様
・仕上げ
グロスブラック
・鍵盤
88鍵/レスポンシブ・ハンマー・アクションII
アイボリータッチ (象牙調仕上げ)
レットオフフィール
・音源
HI-XL 88鍵ステレオサンプリングピアノ音源
・音色
計256音色 (8カテゴリ)
PIANO (32)、E.PIANO (32)、DRAWBAR (32)、ORGAN (32)、STRINGS/VOCAL (32)、BRASS/WIND (32)、PAD/SYNTH (32)、BASS/GUITAR (32)
・最大同時発音数
256音 (音色により異なる)
・サイズ
W135.5×D34×H17.5 (cm) (譜面台含まず)
・本体重量
21.0kg
・付属品
ダンパーペダル (F-10H)、
譜面台、電源コード、取扱説明書

※仕様内容、パソコン動作環境の詳細確認は、メーカーホームページでご覧ください。

STORE】 【送料無料】【ONLINE 【新製品!!】 ステージピアノ『MP7』 Kawai-キーボード・シンセサイザー

新着レシピ

STORE】 【送料無料】【ONLINE 【新製品!!】 ステージピアノ『MP7』 Kawai-キーボード・シンセサイザー

Feature

STORE】 【送料無料】【ONLINE 【新製品!!】 ステージピアノ『MP7』 Kawai-キーボード・シンセサイザー

ページの先頭へ