ハードウェア・シンセサイザーとバーチャル・インストゥルメント・プラグインの最強タッグで数々の賞に輝くVirus
プレイヤーが求めるシンセサイザーを具現化したVirus TI2 Keyboardは、タッチの良い61セミウェイテッド鍵盤やペダル端子を搭載。
木製のサイド・パネルにより得られる強力なグリップ感で、持ち運びも簡単に行えます。
3,300種類以上ものオンボード・サウンドを搭載し、ジャム・セッションの最中もプレイヤーのインスピレーションは広がり続けていくでしょうか?
Virusの世界へようこそ
Virusシリーズは、エレクトロニカからサントラまで、様々なジャンルの音楽に欠かせないシンセサイザーの一つと言えるでしょう。
高いフレキシビリティと強力なサウンドに加え、DAWソフトとの相互リンクを可能にするトータル・インテグレーション機能は、数々のアワードに輝き、世界中で高い評価を得ています。

初代Virusを発表したのは1997年。
その後も絶えず改良を加え、ハードウェア・シンセサイザーとしての機能やそのポテンシャルは進化し続けています。
なぜこれほどまでにVirus TIシリーズが求められているのでしょうか?なぜ世界中のユーザーやプレス、そしてファンの方々から大いなる賞賛をもって受け入れられているのでしょうか?それは、我々の研究を惜しまない姿勢こそが、その理由なのです。

Virusは、数多くのアーティストに愛用されています。
Depeche modeやMadonna、Linkin Park、the Prodigyなどのアーティストは、Virusをツアー・セットに組み込みました。
SashaやPete Tong、Roger SanchezやDr. Dreなどのプロデューサーは、自身のスタジオのメイン・シンセサイザーとしてVirusを導入しています。
さらにHans ZimmerやJames Newton Howard、John Powell、Mark Ishamといったコンポーザーは特に熱狂的なVirusユーザーとして知られており、ハリウッド映画のサントラなどにもVirusサウンドを耳にすることができます。
主な仕様
・大型LCDフルドットディスプレイ
・32個のノブ、43個のボタン、73個のLED
・25~110の同時発音数(パッチ構成によって異なります)
・RAMエリア1024、ROMエリア3328のシングルパッチ
・128のマルチパッチ(うち16はシングルパッチ埋め込みタイプ)
・6つのバランス出力(最大192kHz/24-bit)
・2つの入力(24-bit)
・1系統のS/PDIF入出力(44.1/48kHz)
・MIDIイン/アウト/スルー
・USB端子
・Atomizerモード(DJスタイルのスライス機能)
・トータルインテグレーション(USB接続によりプラグインシンセとして動作)
今すぐ無料で会員登録する

access Virus STORE】 【送料無料】【ONLINE Keyboard TI2-キーボード・シンセサイザー

新刊一覧

access Virus STORE】 【送料無料】【ONLINE Keyboard TI2-キーボード・シンセサイザー

甲南 ピアノ椅子 V60-S 各色 BL TL HQ

女性マンガの新刊一覧

access Virus STORE】 【送料無料】【ONLINE Keyboard TI2-キーボード・シンセサイザー

YAMAHA/CP40 STAGE