注ぎ口や取っ手の微妙な曲線が瀟洒な印象を高めるティーポット。エキゾチックな図柄と、ポットのふたにちょこんと配された緑のバラの不思議なマッチも魅力のひとつです。「インドの華」のカップに、お揃いのポットで紅茶を注ぐ。夢のようなティータイムですね。
「ヘレンド 商品のご購入に関するお願い」
ヘレンドは、全て(ペーパーナプキン等の一部の商品を除く)ペインターによるハンドペイント製品の為、小花の種類、配列、色合い、風合い等、1点1点絵柄の細部が微妙に異なります。
また、アポニー、インドの華などのメインモチーフとサブモチーフがあるシリーズの場合は、メインモチーフにつきましては1種類となりますが、サブモチーフには数種類のデザインがございます。ヴィクトリアシリーズに関しましては、メインモチーフにも複数のバリエーションを持っております。つきましては、HP上でご紹介しております商品とお届けする商品の絵柄が異なります。予めご了承くださいませ。
※ボンボン入れや小物入れ、ポットなどのふたのつまみの薔薇や苺などのモチーフの色も異なります。
※フィギュリンなどは、目などの描き方により微妙に表情が異なります。
「ヘレンド 商品のバックスタンプについて」
バックスタンプのデザインは製造時期により商品画像と異なる場合がございます。
ハンガリーのブタペストから南西へ110km、牧歌的な村の名前がヘレンドです。ここにあった小さな陶器工場をモール・フィッシャーが買い取ったのが1839年。以来、磁器生産に切り替え、テーブルウェアの製作に力を注ぎます。1862年、オーストリアの女帝マリア・テレジアが育成したウィーン窯が閉鎖することになり、そのデザインの継承を許されたヘレンドは、一躍ヨーロッパの名窯となりました。
1866年、当時のオーストリア皇帝フランツ・ヨゼフがハンガリー皇帝を兼ねるようになると、宮廷での宴をヘレンドのテーブルウェアが彩ることになります。貴族の中の貴族と呼ばれたハプスブルグ家の保護のもとウィーンをはじめヨーロッパ各国の王侯貴族を魅了しました。こうして隆盛を極めたオーストリア宮廷と共に、ヘレンドは大きく発展していきます。
現在も造形から絵付けにいたるまで全てハンドメイドという伝統を守りながら、その一方で新しいモチーフを次々と生み出しています。
1867年のパリ博で発表されたインドの華は「柿右衛門写し」と呼ばれ、フランスの皇后ユージェニーに気に入られ、早速注文を受けたといわれています。 そしてその買い上げたディナーセットは、ヘレンドの故郷でもあるオーストリア・ハンガリー帝国のフランツ・ヨゼフ皇帝を歓迎するディナーのテーブルを飾ったそうです。
そしてその買い上げたディナーセットは、ヘレンドの故郷でもあるオーストリア・ハンガリー帝国のフランツ・ヨゼフ皇帝を歓迎するディナーのテーブルを飾ったそうです。
そんなエピソードをもつインドの華は、私たちに馴染みのある、東洋風のデザインが特徴的で、上品なグリーンは、食卓を美しく彩ってくれます。この日本風のパターンはヘレンドと日本を結ぶシンボリックな作品として知られています。   

ギフト対応ラッピング選択可のし記名可

商品詳細
ブランドヘレンド(ハンガリー)
シリーズインドの華
アイテムティーポット
サイズ口径3.8(内径)5(外径)×横幅17×奥行き10×高さ10cm
金額詳細
価格
40,608円(税込)
ブランドボックスはありません。
※商品名にプレート立て付などの表記がない場合は、付属品は別売となります。
※商品の価格は実店舗と異なる場合があります。
※販売価格は予告なく変更される場合がございます。




関連キーワード:
インドの華 食器 おしゃれ ブランド

インドの華グリーン ヘレンド(HEREND) 00608-0-09/605 ブランド おしゃれ 食器 400cc【楽ギフ_包装選択】 ティーポット(ローズ)-ティーポット

インドの華グリーン ヘレンド(HEREND) 00608-0-09/605 ブランド おしゃれ 食器 400cc【楽ギフ_包装選択】 ティーポット(ローズ)-ティーポット

新着レシピ

インドの華グリーン ヘレンド(HEREND) 00608-0-09/605 ブランド おしゃれ 食器 400cc【楽ギフ_包装選択】 ティーポット(ローズ)-ティーポット

Feature

インドの華グリーン ヘレンド(HEREND) 00608-0-09/605 ブランド おしゃれ 食器 400cc【楽ギフ_包装選択】 ティーポット(ローズ)-ティーポット

ページの先頭へ