コメント

カメラ側のアクセサリーシューに取り付け、TTL信号をLED光信号に変換する小型トランスミッター。
SEA&SEA製ストロボを光ファイバーケーブルllで接続し、ハウジング側のモードスイッチをプッシュ操作することで、
TTL調光モード/マニュアル調光モードに切り替えての撮影が可能になります。

※ご使用には光ファイバーケーブルllが必要です。

【 仕様 】
[操作]電源ON/電源OFF/TTLモード(青点灯)/マニュアルモード(緑点灯)※バッテリー残量情報はLEDランプが点滅して知らせます。
[オートパワーオフ]1時間 ※モードスイッチを押すことでオートパワーオフから復帰。
[使用電池] 2×AAA(単4電池×2本) ■ A: 3.0V ■ Ni-MH: 2.4V
[連続使用(ON)時間] ■ A:12時間■ Ni-MH: 15時間
 ※電池メーカーや温度、使用頻度によって異なります。
 ※ニッケル水素電池での連続使用のデータ値は750mAh(eneloop)で計測したものです。
[材質] アルミ合金(ケース)
[サイズ] 幅54.4mm×高さ39.5mm×奥行53.3mm(ケーブル含まず)
[重量] 54g(電池含まず)
[対応]MDX用光コンバーター/N1 対応ハウジング※その他ハウジング、旧ハウジングには使用できません。

SEA&SEA MDX用光コンバーター/N1【50126】【02P05Aug18】-水中写真器材

新着レシピ

SEA&SEA MDX用光コンバーター/N1【50126】【02P05Aug18】-水中写真器材

ページの先頭へ