40年の時を越え、完全復刻。
時代を変えた、伝説のアナログ・シンセサイザー。


ARP Odysseyは、米ARP Instruments社が1972年に発表したアナログ・シンセサイザーです。
幾度かの改良を重ねながら1981年までロングセラーを続け、同社を代表する歴史的名機として様々なミュージシャンに愛され、数多くの名曲でそのサウンドを響かせてきました。

そして2015年、コルグがARP Odysseyを現代によみがえらせます。
ARP Instruments社の共同創業者であるDavid Friend氏をアドバイザーに迎え、当時の回路を完全再現。
近年のMS-20シリーズの復刻やvolcaシリーズの製品開発などで培われた、コルグのアナログ・シンセサイザーにおける商品企画・技術力に加え、David Friend氏をアドバイザーに迎え入れたことで、完璧なARP ODYSSEYが完成しました。

いまなお愛される伝説のARPサウンド。
止まっていた歴史の歯車が、再び動き始めます。

ARP Odysseyの特長的なシンセシスを回路レベルから再現


2VCOのデュオフォニック機であるオリジナルARP Odysseyは、シャープで鋭いサウンドと、豊富な音色バリエーションを最大の特長としています。
オシレーター・シンク、サンプル&ホールド、パルス・ウィズ・モジュレーション、ハイパス・フィルター、2種類のエンベロープ・ジェネレーター、PPCによるピッチベンドなど、様々な機能とモジュレーションによって多彩なサウンドを作り出すことができました。

ARP ODYSSEYでは、これらのサウンドを回路レベルで再現。David Friend氏の監修のもと、細かなパーツ選定や、細部に渡る調整を施し、その特長的なシンセシスを実現しました。

3世代すべてのフィルターを搭載


オリジナルARP Odysseyは、生産時期によって大きく分けて3つのバージョンが存在しており、その最も大きな違いはフィルター回路です。
ARP ODYSSEYではその異なるフィルター回路を3種類すべて搭載し、スイッチ1つで切り替え可能にしました。

12dB/Octで鋭くパンチの効いたサウンドを作り出すTYPE I(Rev1)、24dB/Octで太い低音が心地良いTYPEII(Rev2)、そしてレゾナンスを上げても非常に効きが安定するTYPE III(Rev3)。
これらの特徴的なフィルターを、当時のままに再現しています。

ARP/ODYSSEY-キーボード・シンセサイザー

新着レシピ

ARP/ODYSSEY-キーボード・シンセサイザー

ページの先頭へ