Dubble Helixはモジュラー・シンセサイザー・システムの核となるように設計されたコンプレックス・アナログオシレーターです。

【Feature】

2つのVCOによるFMだけでなく、WavefolderとLPG、そしてモジュレーション用のLFOと柔軟にCVのルーティングを設定できるV.C.routersなどの様々な機能でクラシカルなサウンドからオーガニックなパーカッションサウンド等様々な音を作り出します。

中核にある2つのアナログオシレーターには複数の波形とFM入力を装備。
二つのVCOは広範囲の周波数レンジでクFMからLFOレンジまでCVによる制御が可能です。

Countorセクションは6ステージのWavefolderとダイナミクスレスポンスを設定できるローパスゲート(LPG)を組み合わせたdynamic impulse low pass gateです。
入力には2ch.のミキサーがあり複数の波形・VCOを入力してより複雑な波形を作り出すことができます。
timbreパラメーターはWavefolderの折り返す密度と振幅を設定し奇数倍音を加え特徴のある音色が作り出されます。
dynamicsパラメーターはローパスゲートです。
ローパスゲートはローパスフィルターとVCAを組み合わせた効果に似ています。
dynamicsパラメーターが開かれると高域を加え波形の振幅を増加させます。(音が大きくなり高域まで音が出ます。)
閉じられると高域が削られると同時に波形の振幅を減少させます。(音が小さくなり高域も絞られます。)
impulseインプットはGateを入力するとローパスゲート回路をpingして非常に自然でパーカッシブな音を作り出します。
dynamicsの入力されたCVに対する減衰はdynamics responseツマミにより様々な状況に合わせることができます。

LFOとして使用できるmodulationセクションは矩形波とサイン波の他にステップド・ランダムCVとノイズを出力しモジュレーション用途に便利です。

V.C.routersは全てのCV入力を管理し複雑な信号経路を作成するモジュレーション用マトリクスです。
マトリクスはCV入力にルーティングされた信号を外部CVによりコントロールできるように2つのVCAで構成されています。
各CV入力はトグルスイッチによりチャンネルa/バイパス/チャンネルbに切替ができます。

注意:下側の基板とパネルネジ止め部分の差が7.5mmのためDoepfer,Tiptop,Intellijel等のモジュールが乗るレール幅が7.5mm以上のケースにはマウントできない場合があります。
Pittsburgh,Synthrotek,Moogのユーロラック・ケースでは問題なくマウントできます。

【Spec】

■サイズ:28HP
■Max Depth:37mm
■消費電流:+12V:223mA/-12V:205mA
※この商品はモジュール型シンセサイザー(ユーロラック・モジュラーシンセ規格)です。単品での使用はできません。
いくつかのモジュールを組み合わせての使用となります。電源供給ユニット、マウントケースが別途必要です。
今すぐ無料で会員登録する

Pittsburgh Modular/Lifeforms Double Helix Oscillator【在庫あり】-モジュラーシンセ

新刊一覧

Pittsburgh Modular/Lifeforms Double Helix Oscillator【在庫あり】-モジュラーシンセ

CROSSROCK CRA861K BL Dark Blue 《61鍵キーボード用ハードケース》【送料無料】【ONLINE STORE】 BL TL HQ

女性マンガの新刊一覧