耐久性の高さで人気を博した「ソルティガZ」から数えること13年、満を持して待望の後継機が登場。精密でパワフルなオールマシンカットアルミボディ、ピニオン部にはマグシールドボールベアリングを搭載し、メインギヤにはハイパーデジギヤを採用して耐久性がさらに向上。フィールドでのテストを幾度となく行い、アングラーが持ちやすくサミングしやすい形状、パーツを徹底的に追求し、操作性と高剛性を両立。最も塩ガミによるダメージを受けることが多かったピ二オン部にはマグシールドボールベアリングを採用することで、高い耐久性を備える。更にボディには水抜き穴を各所に設けており、入ってきた水をどんどん放出できる構造になっている。ドラグはスムーズに作動し、使用し続けてもドラグ値の低下が少ないATDを装備。■「SJ(=SLOW JIGGING)」モデルは、ハンドル1回転の巻取り長さをスロージギングに最適な100cm前後に設定。スローでの操作性を重視してハンドルは通常モデルよりも長い85mm-95mmのロングハンドルにがっちり握れるアルミT型ノブ、またドラグ・クラッチを頻繁に操作するため通常モデルよりも大きいサイズのスタードラグとクラッチバーを搭載。

DAIWA / 15ソルティガベイト 15HL-SJ(左ハンドル)-リール

新着レシピ

DAIWA / 15ソルティガベイト 15HL-SJ(左ハンドル)-リール

ページの先頭へ