※こちらの商品は、原則としてお取り寄せでの対応となります。輸入品につき、輸入代理店の在庫状況によってはお届けまでお時間を頂く場合がございます。納期に関しましてはお気軽にお問合せください。

※本製品はモジュラーシンセサイザーです。使用するにはユーロラック規格に対応した電源付きケース等が必要になります。単体では動作しませんのでご注意下さい。

JoMoX T-Rackonizer (ティー・ラックオナイザー) はアナログ・ディスクリート回路を採用したステレオ・アナログ・フィルター・モジュールです。2 系統のアナログ・フィルターに加え、空間系・モジュレーション系を含む 8 種類のアルゴリズムから成るマルチ・エフェクトと LFO を搭載し、可能な限りのフィードバック・ルーティングを備えています。JoMoX のロングセラーのステレオ・アナログ・フィルターT-Resonator IIを始めとするフィルターシリーズのユーロラック・モジュール・バージョンです。

T-Rackonizer にはアナログ・ディスクリート回路を採用した鋭い切れ味の24dB/octのローパス・フィルターが2基搭載されています。カットオフとレゾナンスはL/Rチャンネル別々に操作できるので1系統のフィルターでは難しい奥行きのある立体的なサウンドや、トリッキーなサウンドを得ることができます。カットオフは1系統のLFO(サイン波)、L/Rチャンネル別々に調節可能なエンベロープで時間的な変化をつけることが可能。さらにLFOとエンベロープを組み合わせることで、より複雑なモジュレーションを構成することもできます。フィルター・カットオフは Cut CV 入力を使用して外部からのCVによるコントロールも可能です。LFOはリセット機能を備えており、入力されたオーディオ信号のレベルが設定を超えるとゼロに戻り再スタートします。このLFOリセット機能とスピードを組み合わせることで、入力したドラムマシンやリズムギター(Hi-Z入力のためダイレクトに接続可)などとスピードが同期しているかのような効果を得ることもできます。マルチ・エフェクト・セクションにはコーラス、フランジャー、ディレイ、リバーブなど合計8種類のアルゴリズムで構築されるマルチ・エフェクトが搭載されています。パネル中央にレイアウトされた「Program」ノブと8つのLEDでアルゴリズムを選択し、「Para1」、「Para2」 ノブでアルゴリズム毎に用意されている2つのパラメーターを操作します。シンプルながらダイナミックな変化をもたらすパラメーターでサウンドにバリエーションを与えます。エフェクト・アルゴリズムは Program ノブによる切り替え以外にも、Prg CV 入力を使用して外部からのCVによる切り替えも可能です。

Specifications
WIDTH 26 HP
DEPTH 23 mm
消費電流 +12V: 130 mA, -12V: 70 mA

今すぐ無料で会員登録する

T-Rackonizer JOMOX-キーボード・シンセサイザー

新刊一覧

女性マンガの新刊一覧