Make Noise Richter Wogglebug (リヒター・ワグルバグ) はランダム・ボルテージ・ジェネレーター・モジュールです。オリジナルの Wogglebug は Buchla Model265 "Source of Uncertainty" の影響を受けて、Wiard Synthesizers の Grant Richiter により設計されました。Make Noise Wogglebug はオリジナルを踏襲しつつ独自の機能をいくつか追加し、ランダムなオーディオ、ランダムなCV、ランダムなゲート、クロックを生成するユーロラック・モジュールとして設計されました。

Wogglebug は大きく分けて3つのセクションに分かれています。パネル上よりランダムなオーディオを出力する AUDIO、ランダムな CV を出力する CV、ランダムなゲートと内部クロックを出力する CLK。しかしこれら3つのセクションは独立して動作せず、互いに作用し合い複雑な効果を生み出します。

Specifications
WIDTH 10 HP
DEPTH 24 mm
消費電流 +12V: 50 mA, -12V: 40 mA

Make Noise Richter Wogglebug【お取り寄せ商品】-キーボード・シンセサイザー

新着レシピ

Make Noise Richter Wogglebug【お取り寄せ商品】-キーボード・シンセサイザー

ページの先頭へ