※こちらの商品は、原則としてお取り寄せでの対応となります。輸入品につき、輸入代理店の在庫状況によってはお届けまでお時間を頂く場合がございます。納期に関しましてはお気軽にお問合せください。

※搭載するモジュールの消費電流の合計が、電源の最大出力電流を上回らない様にお選び下さい。
※モジュールのみをお買い求めいただいても単体では動作しません。動作させるためには電源付きモジュラーシンセサイザー用ケースまたは対応する電源が必要です。モジュール同士の接続には別途パッチケーブルが必要です。

Studio Electronics「Red Eye」(レッドアイ)はラックマウント型のアナログ・モノフォニック・シンセサイザーです。同社のシンセサイザーラインナップの中で最もスタンダードな「SE-1X」をベースに、スタイリッシュなデザインのフェイスプレートを身に纏い、いくつかの機能の追加と変更を行ったSE-1Xの別バージョンです。3VCO、2タイプを切り替え可能なVCF、4エンベロープ、3LFOといったSE-1Xの基本的な構成をそのままに、素晴らしいリードサウンド、ベースサウンドが生み出す事ができるシンセサイザーです。

3つのVCOはディスクリート回路によるアナログオシレーターでVCO1と3が三角波、ノコギリ波、矩形波(パルス幅変更可能)を搭載、VCO2のみ三角波の代わりにARPシンセの様なシルキーなサイン波を搭載しています。VCO1と2、VCO2と3はそれぞれシンク可能。
2つのVCFはディスクリート回路によるアナログフィルターで、SE-1Xと同様24dbのクラシックMoogタイプフィルターと12dbクラシックOberheimタイプフィルター(ローパスとバンドパス切り替え可能)を搭載。またフィルターセクションにはFuzzを装備しており、心地よいオーバードライブサウンドを作れます。
4基搭載した4ステージエンベロープはオーソドックスなADSRタイプで、ADSR1はフィルターフリーケンシー専用、ADSR2はアンプ専用、ADSR3と4はアサイナブルで好きなパラメーターに割当可能です。ADSRスピードはSE-1Xより増加し、幅広いを時間を設定できます。

▼製品の仕様
音源方式:マイクロプロセッサ制御アナログモノフォニック
VCO:3基 ノイズジェネレーター
VCF:24dB/12dB切り替え式ローパスフィルター、12dBバンドパスフィルター
リングモジュレータ
エンベロープ:ADSRタイプ4基
LFO:3基
ベロシティ・アフタータッチ対応
メモリー :
プリセット : 99パッチ x 4バンク 396パッチ
ユーザー : 99パッチ x 4バンク 396パッチ
MIDI:IN/OUT/THRU
入出力:外部入力×1、オーディオ出力×1
外形寸法:482(W)×133(H)×207(D)mm・3U
重量:3.3kg

Eye Red SE-1X Electronics Studio-キーボード・シンセサイザー

新着レシピ

Eye Red SE-1X Electronics Studio-キーボード・シンセサイザー

Feature

Eye Red SE-1X Electronics Studio-キーボード・シンセサイザー

ページの先頭へ