リハーサルスタジオ、ライブ会場、学校などどんな場所でも持ち運んで使えるよう軽量かつコンパクトな設計を施しました。MX49 BK/BU で3.8kg、MX61 BK/BU で4.8kg とエレクトリックギター並みの軽量。かつ、本体サイズは奥行きを最小限にしたコンパクト設計。手を入れやすいよう底面に持ち手用の窪みを作るなど、持ち運びやすさにも配慮したデザインを施しています。

また、これまで別売だった専用ソフトケースを付属し、「良い音を気軽に持ち運べるシンセサイザー」としてワンパッケージで購入できるようになりました。

MOTIF シリーズ直系の高品位音源

音質に定評のあるMOTIF シリーズ直系の音色を1,000 音色以上搭載。ピアノやエレクトリックピアノといった鍵盤楽器はもちろん、バンドでよく使われるストリングス、シンセブラス、シンセリードに至るまで広範な音色カテゴリーを網羅しています。さらに、音の最終的な味付けとなるエフェクターもMOTIF 譲りのVCM(Virtual Circuitry Modeling)エフェクトやREV-X (高品位なリバーブ)エフェクト、マスターEQ を搭載。まさに「MOTIF シリーズ」を継承したプロレベルのサウンドが手に入ります。

音色ダウンロードサービス 『Yamaha Synthesizer Sound Libraries』

製品ページにリンクされた『Yamaha Synthesizer Sound Libraries』から音色データを自由にダウンロードし、本体にロード可能。著名バンドの曲で使われた音色をMX シリーズ上で再現したデータを始め、バンドで即戦力となる音色データを自由に手に入れられます。

演奏に必要な操作をシンプルに行えるユーザーインターフェース

ワンアクションでレイヤー・スプリット
演奏に必要な基本操作には専用ボタンが用意され、複雑な操作は必要ありません。例えば、パネル上には16 個の楽器カテゴリーボタンが配置され、ピアノ、キーボード、ストリングスなど楽器カテゴリーから音色を選択できます。さらに、2 つの音色を重ねるレイヤー、音域ごとに配置するスプリットの設定も専用ボタンで可能。シンセサイザーが初めての方にも優しいユーザーインターフェースです。

PC、Mac と接続しての音楽制作に対応

MX シリーズ本体とPC をUSB ケーブルで接続するだけで、MIDI データだけでなくオーディオデータもやり取りできるUSB オーディオMIDI インターフェース機能を搭載。さらに、DAW ソフトウェアCubase シリーズの特別バージョン「Cubase AI」の最新版をダウンロードできるダウンロードインフォメーションを同梱。PC、Mac と接続しての音楽制作が可能です。

iPhone / iPad との連携を強化

USB Class Compliant に対応しており、iPhone、iPad とLightning - USB カメラアダプタを介してUSB 接続することで、iPhone, iPad の音声をMX シリーズ本体から出力可能。同時にiPhone, iPad上の音楽系App をMX の鍵盤で演奏できるなど、iOS デバイスと接続して演奏する先進の環境に対応しています。
発売と同時に公開される無料のFM 音源App 『FM Essential』や、Steinberg 社のiPad 用App『Cubasis LE』はそれぞれ、単体では機能制限がありますが、MX49 BK/BU, MX61 BK/BU を接続することで制限が解除され、フル機能バージョンとして使えるようになります。これによりiPhoneを拡張音源として使用したり、iPad で音楽制作することが可能です。

BK【シンセサイザー】【マスターキーボード】 MX49 【クーポン配布中!】YAMAHA(ヤマハ)-キーボード・シンセサイザー

BK【シンセサイザー】【マスターキーボード】 MX49 【クーポン配布中!】YAMAHA(ヤマハ)-キーボード・シンセサイザー

新着レシピ

BK【シンセサイザー】【マスターキーボード】 MX49 【クーポン配布中!】YAMAHA(ヤマハ)-キーボード・シンセサイザー

BK【シンセサイザー】【マスターキーボード】 MX49 【クーポン配布中!】YAMAHA(ヤマハ)-キーボード・シンセサイザー

2016.08.05更新
ページの先頭へ