船舶共通通信システム『国際VHF無線機』で安全航行。長い通信距離を誇る、出力25W設置型タイプです。

設置型タイプでも最高水準の防水性能JIS8(相当)を実現しました。
技術基準適合証明取得機種。定期検査5年ごとに必要。
JIS8(相当)の防水性能
設置タイプでありながらも、水面下1.5mで30分水中に没しても内部に水が入らない、安心の防水性能を誇ります。

もちろん本体だけでなくマイクも同様の防水性能を実現。

DSC Class Dを標準搭載
DISTRESSボタンを押すと、自動的に遭難信号を発する機能です。
また外部からGPSなどの機器をを接続することで、位置情報も同時に発信することが出来ます。
,

多機能コマンドマイク(JIS8相当)に対応

フライブリッジなど、無線機から離れたところからでも、操作可能なコマンドマイク(HM-162B)をオプションで用意。

コマンドマイクは、オプションケーブル(OPC-1541)を2本使用することで最大18mまで延長可能です。
マイクも本体と同様に防水性能はJIS8相当を実現。

また、フライブリッジのコマンドマイクとキャビンのトランシーバー本体を、インカム(船内通話)操作で会話することができます。

上位機種にふさわしい追加機能
音声を放送できるヘイラー(拡声)機能、甲板や船内において大きな音で受信音が聞こえる外部スピーカー機能、『航行中』『停止』『帆走』『曳航』を外部に知らせるフォグフォーン(自動汽笛)機能など、上位機種にふさわしく、有ると便利な機能を搭載。フォグフォーンは、4つのパターンの音響信号を状況に応じて使用できます。前記機能にはスピーカーが必要です。拡声とフォグフォーンの出力は4Ω時25W、外部スピーカーの出力は4Ω時4.5Wです。

船上での使用を考え抜いた親切設計
液晶表示部は揺れる船上でも読み易い、大型の35x70mm!
遠く離れた場所でも読み易い親切設計です。


また、チューニングは大型ダイヤル式。
チャンネルの変更は、1回1回ボタンを押す面倒なプッシュ式と違い、『ひとひねり』で行なえる一発チューニング!
一刻を争う緊急時にも安心です。

デュアルワッチ/トライワッチ機能搭載
デュアルワッチ機能は、チャンネル16以外のチャンネルを受信しながら、チャンネル16をモニターします。
トライワッチ機能は、別のチャンネルを受信しながら、チャンネル16とコールチャンネル(指定のチャンネル)をモニターします。
モニター機能搭載
受信時に相手の音声が途切れるとき、スケルチを瞬時に開けて、聞こえやすくします。
その他の機能
・多彩なスキャン機能(TAGスキャン、プライオリティスキャン、オートスキャン)・LowVoltageインジケーター・LCDディマー機能・INTマリンch・モニター機能・キーバックライト機能・セットモード機能・チャンネルコメント機能・
運用に当たっての注意事項
IC-M504Jを使用するには、第二級海上特殊無線技士以上の無線従事者資格を保有し、無線局(特定船舶局)の免許が必要です。

無線局の免許取得には船舶検査証の写しが必要となります。従って、船舶検査証を有しないボート(3m、2ps以下のボートやディンギーなど)ではご使用になれません。

IC-M504Jの使用場所は海上(船舶上)に限られます。
海岸を含む陸地での使用は出来ません。

IC-M504Jには空中線(アンテナ)は付属されませんので、別途お買い求めください。
ご使用いただける空中線の仕様は、下の『適合アンテナ仕様一覧』とおりです。
記載していない空中線を設置すると、電波法違反で罰せられる場合がありますので、ご注意ください。
開局申請手続き
IC-M504Jの無線局(特定船舶局)を開局するに当たっては、第二級海上特殊無線技士以上の無線従事者資格を有し、電波法による手続きが必要です。

本製品は、技術基準適合証明を受けていますので、簡易な免許手続きにより無線局の免許が取得できます。

商品に同梱されている『無線局免許申請手続きに必要な書類』に必要事項を記入し、所定額の国の収入印紙を貼り付けのうえ、該当船舶の主たる停泊港を管轄している総合通信局に必要部数を提出してください。

封書で送付する場合は、宛先に『国際VHF無線局の申請担当』と併記してください。
その際には、『無線局免許状』等の返信用封筒(切手貼り付け)を必ず同封してください。

手続きの流れは下の通り

申請→審査→免許→運用

無線局免許申請手続き必要な書類は以下の通りです。

ア.無線局免許申請書(正:1部)
イ.無線局事項書及び工事設計書(正、写し:各1部)
ウ.無線従事者選(解)任届(正、写し:各1部)
エ.船舶検査証書または船舶国籍証書(写し:1部)

(ア~ウは、商品に同梱されます)

・書類審査で、申請書に不備が有った場合は、所轄の総合通信局より連絡がありますので、指示に従ってください。

・不備が無く全ての審査が終了しますと、『無線局免許状』および『無線局事項書及び工事設計書』の写しが送付されます。

・以上により所定の手続きが完了し、無線局の運用開始となります。

・送付された『無線局免許状』は、掲示が困難な場合を除き、国際VHF機器のある見やすい場所に掲示してください。また、申請書等の写しは、整理し船舶に大切に保管しておいてください。(定期検査や再免許当の手続きの際に必要となります。)

無線局の免許を受けずに無線局を運用した場合は、1年以下の懲役または100万円以下の罰金に処せられる場合があります。


適合アンテナ仕様一覧
IC-M504Jには空中線(アンテナ)は付属されませんので、別途お買い求めください。ご使用いただける空中線の仕様は、以下のとおりです。(2009年9月現在)記載していない空中線を設置すると、電波法違反で罰せられる場合がありますので、ご注意ください。
型式・構成利得型式・構成利得
単一(V) 7inch0dBi単一(V) 17.5ft9dBi
単一(V) 10inch0dBi単一(V) 19ft9dBi
単一(V) 2ft3dBi単一(V) 23ft9dBi
単一(V) 3ft3dBi単一(V) 1/4λ0.15dBi
単一(V) 4ft3dBi単一(V) 1/2λ2.15dBi
単一(V) 5ft3dBi単一(V) 1/2λ5.2dBi
単一(V) 8ft6dBi単一(V) 3/8λ3dBi
単一(V) 8.5ft6dBi単一(V) 5/8λ3dBi
単一(V) 9.5ft6dBi単一(V) 3/4λ5.2dBi
単一(V) 14ft8dBi--


IC-M504J仕様
周波数範囲送信156.025MHz~157.425MHz
受信156.300MHz~163.275MHz
電波形式F3E、F2B
空中線インピーダンス50Ω
送信出力25W/1W
受信感度-13dBμ(typ.)12dB SINAD
オーディオ出力4.5W(typ.)
電源電圧13.8VDC+-15%
使用温度範囲摂氏-20~+60度
寸法幅 165mm×高さ 110mm×奥行き 123.2mm
重量約 1.4 Kg
日本製

今すぐ無料で会員登録する

国際VHF アイコム ICOM トランシーバー 25W 据置型 IC-M506J-その他

新刊一覧

国際VHF アイコム ICOM トランシーバー 25W 据置型 IC-M506J-その他

エムカスタ 007 バンブー 槌(つち) ココボロ MC-0077D ダマスカス 竹【MCUSTA】 BL TL HQ

女性マンガの新刊一覧

国際VHF アイコム ICOM トランシーバー 25W 据置型 IC-M506J-その他

アディダス adidas ジャージ Squad ID Track Jacket Black