TEELING [1990] 27yo
for THREE RIVERS
RUM CASK #544


スリーリバーズ向けシングルカスク&カスクストレングスの第4弾。今回は新瓶のボトリングからのファーストリリースとなります。
これまでのセレクションよりエイジングの長くなった1990ヴィンテージ。初のラムカスクセレクションも興味をそそられます。
ハイセンスのセレクションと正規輸入代理店のコネクションで実現した1本。今後のリリースは容易ではなく、ぜひ押さえておくべき存在です。
(以下、メーカー資料より)アイリッシュ故のライトボディたる印象はなく、しっかりとしたボディに南国フレーバーがキャッチーに現れ、ライトピートとのハーモニーにより複雑なテイストに仕上がっています。香りはピーチ、パッションフルーツ、アプリコット、山盛りの熟したフルーツフレーバー、ボディの骨は太く、キャッチーにパッションフルーツやマンゴー、ドライアプリコット、上品なパフューム、奥にライトなピート、フィニッシュはライトピートにビター、フルーティーフレーバーとハモり、心地よく長く続く。

 同社の起源は古く1782年にウォルター・ティーリングがダブリンのマローボーンレーンに造成した蒸留所に始まりました。
 その後、クーリー蒸留所の時代を経て、現代表のジャック・ティーリング氏がメジャーだけのアイリッシュウィスキー業界にインディペンデントの機運を取り戻すべく、ハンドクラフト&スモールバッチのアイリッシュウィスキー作りを実践するために2012年に「ティーリングウィスキーカンパニー」が設立。
 実に230年の月日を経た系譜がアイリッシュウィスキーシーンに新たな風を送り込んでいます。

 2015年にはファミリーの代々の悲願であり、ダブリン市内では約125年ぶりとなるティーリング蒸留所
同家と縁があるダブリン市内の有名なセントパトリック大聖堂から僅か500メートルの距離に開設。
 WWA (ワールド ウイスキー アワード)にてベスト アイリッシュシングルモルト(2015)を受賞するなど今やその動向が世界中のウィスキーファンの注目を集める、今後が最も期待されるブランドの1つとなります。

Region(地域)Ireland
Age(熟成年数) 27yo
Strength(度数) 53.0% vol.
Volume(容量) 700ml

for 27年 [1990] 【S12】ティーリング Three ラムカスク#544 Rivers-アイリッシュ・ウイスキー

新着レシピ

for 27年 [1990] 【S12】ティーリング Three ラムカスク#544 Rivers-アイリッシュ・ウイスキー

ページの先頭へ