杉山 寧(すぎやま やすし、1909年10月20日 - 1993年10月20日)は、日本画家、日本芸術院会員、文化勲章受章者。戦前は日本画の技法を極めた超絶技巧で知られたが、戦後は岩絵具を用いながらも線描などの日本画の技法を一新し、メチエールにこだわった独自の作風を確立した。また。エジプトやインドなどの古代遺跡や神像、抽象画や裸婦など従来の日本画にはなかった題材も手掛けた。東山魁夷、高山辰夫と共に日展三山と呼ばれた。



ご不明な点は?

・作品について
・ご注文・返品について
・額について

額装 号大 銅版画(メゾチント) 「カン」 杉山寧】-日本画

新着レシピ

額装 号大 銅版画(メゾチント) 「カン」 杉山寧】-日本画

ページの先頭へ