感熱部が35℃で弁が開き30℃で閉じます。
【開放特許第5690009号】

感熱部に『受熱キャップ』を被せて、倉庫や畜舎内、
アーケードや軒下からのミスト冷却に。

アルミニウム製の『受熱キャップ』は、2枚のフィン
を持ち大気温の変化を素早くキャッチ。

多数のスプリンクラーによる散水には、定水位弁を
親弁とし、感熱バルブを子弁(パイロット弁)とし
て用いることによって対応する<ことができます。
写真は自在継手(JMF-04)にて接続。

1~2個のスプリンクラーを用いる場合、あるいは
ノズルによるミスト噴霧する場合には、親弁は不要
です。
感熱バルブを蛇口とスプリンクラーとの間に取り付
けます。

感熱部に『受熱板』を被せて、ソーラーパネルや屋
根の冷却用に。

銅製円板の『受熱板』は、熱容量が大きいので風の
影響が小さく、円板が弁本体に日陰を与えて余熱の
影響が小さいので正しく作動します。!
今すぐ無料で会員登録する

感熱部が35℃で弁が開き30℃で閉じます。アーケードや軒下、畜舎内、室外機などのミスト冷却に。 感熱バルブ(気温・室温用)-その他

新刊一覧

感熱部が35℃で弁が開き30℃で閉じます。アーケードや軒下、畜舎内、室外機などのミスト冷却に。 感熱バルブ(気温・室温用)-その他

D1534 2016年製 ダイレイ 無風冷凍ショーケース RIO-S125/アイスクリーム、冷凍食品の販売に【中古】 BL TL HQ

女性マンガの新刊一覧