オーストラリア最高峰の作り手 トルブレックの貴重な蔵出しバックヴィンテージ2005!!
日本への入荷は僅か数ケース。熟成15年を経て再度世に出てきたワインです。

パーカーポイント不動の高得点を誇る、トルブレックのフラッグシップワインです。
ラン・リグはローヌ北部のコート・ロティの急斜面で造られた美しい香りと良い構造を持つワインとしばしば比べられます。素晴らしくアロマ豊かでありながらも、かなりの力強さと潜在的な芳醇さを持つため、太陽が溢れるエルミタージュの丘のブドウから造られた、非常に凝縮感あるワインと容易に間違えうるでしょう。スコットランドのハイランド氏族は、かつて「ラン・リグ」と呼ばれるシステムを使って、非常に広く分散した土地を分割してきました。ここで強調されるのは、個々の畑ではなく、むしろ全体を構成している集団としての要素です。古く乾燥した畑で育つシラーズはヴィオニエとブレンドされることで区画ごとの果実の強みや複雑さがより際立ち、ワインにさらなる奥行きを与えてくれます。

品種:シラーズ100% 畑:バロッサヴァレーの北西にある8つの異なる畑

樹齢:約94―158年(平均約122年) 収量:1haあたり約14hl

醸造:8つの区画から収穫したブドウは、それぞれ丁寧に除こうし畑ごとに木とコンクリートの開放発酵槽に入れます。ここで6~7日間皮とともに慎重に仕込みます。バスケット・プレス後フレンチオーク(60%新樽)に移し、区画ごとに2年間熟成させ、ブレンドをしてもう一度樽に戻してさらに6カ月熟成させます。澱引きは最小限にとどめます。瓶詰めの前日にヴィオニエをブレンド。ヴィオニエをブレンドすることで、ワインがより軽やかになり香りが引き立ちます。また味わいには絹のような質感が加わります。瓶内で熟成する過程でヴィオニエがワインに複雑さを与えてくれます。無濾過・無清澄で瓶詰め。

★Wine Advocate #181 Feb 2009 Jay S Miller 98+ Drink: 2009-2040 $142-$200

トルブレックのフラッグシップ、ラン・リグ2005年は、97%の比率で使用されているシラーズは、樹齢およそ120~160年の古木からとれた葡萄であり、残りの3%は瓶詰め前にブレンドされたヴィオニエである。フレンチオークの新樽(60%)で30ケ月熟成。色調は不透明な紫から黒で、舗装したばかりのタール、スモーク、ラヴェンダー、黒コショウ、獣肉、ブルベリー、ブラックラズベリーの個性的でエキゾチックなブーケを持つ。フルボディで贅沢な味わい。濃密で凝縮しており、まだ進化していない。今後10~12年にかけて開いてゆき、2040年まではエルミタージュのシャプティエのようなスタイルを維持するだろう。予想通りに発展してゆけば、まさに完璧なワインとなりえるだろう。!

今すぐ無料で会員登録する

トルブレック ラン・リグ [2005]750ml-バロッサ・ヴァレー

新刊一覧

トルブレック ラン・リグ [2005]750ml-バロッサ・ヴァレー

ライカ D-LUX7用レザープロテクター レッド 19559 BL TL HQ

女性マンガの新刊一覧

トルブレック ラン・リグ [2005]750ml-バロッサ・ヴァレー

而今 特別純米 にごりざけ 生 1800ml 木屋正酒造