ブラン・ド・ブランドの中でも最高傑作の一つ、テタンジェ社のコント・ド・シャンパーニュ。

「エレガンスとは何か?フィネスとは何か?知りたかったら、これを一口すすればいい。」
『死ぬまでに飲みたい30本のシャンパン』山本昭彦(講談社)より一部抜粋

ワインアドヴォケイト:96ポイント

Reveiwed by Antonio Galloni Issue Date 31st Oct 2012 Source 203, The Wine AdvocateDrink Date 2014 - 2034
It’s fascinating to taste the 2004 Brut Blanc de Blancs Comtes de Champagne after the 2002, something I have been able to do on a few occasions. The 2004 is all about minerality, precision and tension. It doesn’t have the sheer richness or power of the 2002, but it makes up for that with its crystalline purity and sheer energy. Bright hints of lemon oil, white flowers and crushed rocks are layered into the pointed, vibrant finish. Anticipated maturity: 2014-2034.

ミレジム 2004

●品種 シャルドネ 100% (コート・デ・ブラン産)
コート・デ・ブランにあるAvize, Chouilly, Le Mensnil sur Oger, Ogerという4つの村から収穫されたシャルドネを使用しています。
●醸造、熟成
ブレンドされるワインの5%がオーク風味をつけるため、新樽で熟成されました。ワインはセラーに4~5年熟成され、その間にゆっくりと開き、複雑さ、余韻の長さ、より良いバランスを与えます。
●色
輝きのある淡いクリーム色で、繊細な泡が魅力的な紐状になって立ち上がります。
●香り
洗練された白い花のような香りを持ち、またライム、ハシバミの実、蜂蜜が感じられます。
●味わい
口に含むと、最初は生き生きとしているが、レモンパイの香りが広がります。余韻は長く、焼き立てのパンやブリオッシュの風味が感じられます。熟成させていくと味の厚みがでて、繊細さと複雑さに満ち、すぐれた芳香のバランスが期待されます。ロブスターや、タルトタタンのようなキャラメリゼされたデザートにもあいます。

テタンジェ社の宝石と言われ、シャンパーニュ侯爵(チボー4世)の名を与えられているシャンパーニュです。彼は1240年の十字軍遠征に加わり、最も美しい赤いバラ“Damascina”と、シャルドネ種の祖先を持ち帰ったと言われています。ランスにある有名なサン・ニケーズ修道院のカーヴで注意深くその頂点に達するまで熟成させます。次のような条件が重なった時にキュヴェが造られます。

-非常に優れた収穫であること、ヴィンテージ・シャンパンに値する高品質なものであること。
-高品質な畑から取られたブドウを選果したものであること。
-一番絞り、“キュヴェ”のワインを使用し、完璧なフィネスが得られる保証があること。
-キュヴェになるワインの一部を新樽で熟成させ、それがアサンブラージュで本質的な品質を引き上げること。

(箱なし) [2004]750ml テタンジェ・コント・ド・シャンパーニュ・ブラン・ド・ブラン-フランス・シャンパーニュ

新着レシピ

(箱なし) [2004]750ml テタンジェ・コント・ド・シャンパーニュ・ブラン・ド・ブラン-フランス・シャンパーニュ

(箱なし) [2004]750ml テタンジェ・コント・ド・シャンパーニュ・ブラン・ド・ブラン-フランス・シャンパーニュ

2016.08.05更新
ページの先頭へ