マリンカウンティの山中で暮らす鬼才サッカリーの「古」に対する探究心は計り知れない。数百年前の醸造文献を学者達とともに解読し、18、19世紀のワイン造りについて語りだしたら止まらない……。そんな彼のワイン造りは非常に原始的である。セラーに空調設備はなく天井にはツバメが巣を作り、親鳥が出入りしやすいよう扉は少し空けられている。一般的なワインメーカーが見たら仰天しそうな「100年前」の環境。そこから生まれてくるワインは高い完成度の中にどこか田舎っぽい、良い意味で粗野な風味が漂う。1905年から続く伝統的なロッシヴィンヤードのシラー、“オライオン” ’02がワインアドヴォケイト誌において96-100pts、プティット・シラーの“シリウス” ’01が96ptsという驚異的なポイントを獲得。マニアックなファンのワインであったサッカリーは世界の愛好家の知るところとなったが、彼は全く意に介さず自分のワインを造り続ける。テクニカルな質問を向けても彼は一切答えず、「料理がおいしいからって、シェフに『この料理の塩は何グラム?』なんてヤボな事聞かないだろ?」と笑うばかりである。1905年植樹、ナパ・ヴァレーで100年の歴史を刻むロッシ・ヴィンヤードから生まれるサッカリーの最上級キュヴェ。数種のブドウが混植されているがいまだ品種がいまだ明らかにはなっていないミステリアスな畑。(現在品種を調査中)!
今すぐ無料で会員登録する

サッカリー”オライオン”ロッシ・ヴィンヤード2014-その他

新刊一覧

女性マンガの新刊一覧